●ジョージ・ムラーツの怪我とベースの売却について
寺井尚之より。


売却完了
カムバック決定!
ご協力ありがとうございました。

 
 演奏家という職業であるジョージ・ムラーツの希望で伏せておいたのですが、実はジョージ・ムラーツは7月のツアー中、不慮の事故で重傷を負いました。
 現地の医師の診断書によれば、左肩および上腕部。およそ上腕二頭筋の上部2/3部分の螺旋骨折、及び肩脱臼ということです。

 現在は、帰国し、NYフィルなど一流演奏者を専門に治療する名医とセラピストの元で懸命にリハビリ中です。しかし当初の予想より、復帰までに時間がかかり、年内は静養の予定です。

 高額な手術費、リハビリ費用。並びに復帰までの生活費のため
今回やむなく愛蔵のベースを一本手放すことになりました。

 現在ジョージ・ムラーツが所有しているベースは4本。

 まず、サド・メルOrch.やハナ+ムラーツデュオ、そしてトミー・フラナガン・トリオでおなじみのイタリア製のもの。リーダー活動を開始した頃から現在に至るチェコ製のもの、それにヨーロッパ・ツアー時に使用するドイツ製のもの。このドイツ製の楽器を今回売却します。

 というのも、近年ムラーツは、特別製の折り畳みベースをツアー用に手に入れました。従ってドイツ製のものを手放しても、仕事上差支えありません。

 とは言っても、ジョージ・ムラーツの大切な愛器の一つです。手放したくはありませんが、怪我のため、やむなくのことです。

 この楽器は、現在はプラハで、ジョージ・ムラーツが信頼しているベースの職人さんが保管管理しています。

 
価格は250万円、輸送費は買い手の方持ちです。

 
 日本各地のベーシスト、ジョージ・ムラーツ・ファンの方で楽器をご希望の方、ご興味のある方は、私までご連絡ください。詳しいご案内をさせていただきます。

OverSeas オーナー。ピアニスト:寺井尚之
E-mail: info@jazzclub-overseas.com
住所:〒541-0052大阪市中央区安土町1-7-20、新トヤマビル1F
TEL 06-6262-3940




 <サイズ表>

ドイツ製 1800年代製造、3/4サイズ、小ぶりで日本人演奏家向きです。




Photos

下の画像をクリックすると拡大写真が見れます。