今週のご案内:足跡講座(土)に

| コメント(4) | トラックバック(0)

bc537296.jpg

11/6(月)寺井尚之ジャズピアノ&理論教室

11/7(火)寺井尚之+坂田慶治(b)デュオ: Live Charge 1500yen

11/8(水)寺井尚之+宮本在浩(b)デュオ: Live Charge 1500yen

11/9(木) 寺井尚之ジャズピアノ&理論教室

11/10(金)荒崎英一郎 (ts) トリオ with 寺井尚之(p)+今井健太(b) Live Charge 1800yen

11/11 (土) 「トミー・フラナガンの足跡を辿る」 6:30開講 受講料2500yen
 紹介アルバム:『The King / Benny Carter』『Feelings/ Milt Jackson』他

 

 LIVE 演奏時間:7pm-/ 8pm- / 10/pm- (入れ替えはありません)

*料金はライブ・チャージにご飲食代をプラスしたものになります。(表示は税抜です)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/1956

コメント(4)

ガラムさん:あのような構成表、ベニー・カーターはその場で思いついたのか?前もって考えていたのか?そこに興味がわきます。

師匠を本気にさせるカーターは、特別偉い!

レコーディングの様子が目に浮かぶような、The King でした!

師匠の説明の通り、他では見たことのない構成ばかりで

どの曲も見事な仕上がりでした。

柔らかで色彩豊かで余裕が感じられる各演奏者のソロも素晴らしく

聴き入ってしまいました。

来月からフラナガンさんのリーダー作があるので嬉しいです。

ありがとうございました!

ローズマリーさん:あの作品が出たとき、もう40年以上前の話ですが、気合の入ったソロに感動しました。

今日聴いても、思いは全く薄れません。こういうのが本当の名演でしょうね!

このような作品を、若い人に伝えることができれば嬉しいです!

The King!貫禄が違いますね。
珠玉のソロ、語源のルーツが学べたのもよかったです。

いつもながら、フラナガン師匠の演奏はスカッとして品があります。

心洗われる気分です。

師匠のたとえ話も面白かったのですが、若者が理解しているかは謎です。

振った手先に目鼻をつけて?は、師匠の言葉でしか聞いたことがありません。
日本の古典も学ばなければなりませんね。

ありがとうございました。

コメントする

寺井尚之(p)トリオThe Mainstem

スケジュール

ライブ営業日
  (火)(水)(金)(土)6pm-
学割チャージ半額
11/18
トミー・フラナガン・トリビュート
寺井尚之メインステム・トリオ
宮本在浩(b)、菅一平(ds)



アイテム

  • tribute31_n.jpg
  • bc537296.jpg
  • 1104DSCN0620.JPG
  • 1031trioDSCN0602.JPG
  • 1028DSCN0565.jpg
  • 1021DSCN0559.jpg
  • 12.20_al_grey.jpg
  • clip_image060.jpg
  • 1007DSCN0536.JPG
  • nakai_nakatukasa.jpg
OpenID対応しています OpenIDについて