2/9 「トミー・フラナガンの足跡を辿る」

R-2741480-1463001525-3071.jpeg.jpg 今回はレッド・ミッチェル、フィル・ウッズと組んだ『Three for All』、フラナガンの大親友J.R.モンテローズとのデュオ・アルバム『...And a Little Pleasuer』そして、当時すでに幻のギタリストだったタル・ファーロウの『Chromatic Palette』'80年代初期の録音されたドラムレス・シリーズとなりました。

「トミー・フラナガンの足跡を辿る」毎月第2(土)開催:18:30- 受講料:2500 (学割チャージ半額)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/2117

コメント(2)

ローズマリー さん:オンタイムで手に入れた作品、苦労して手に入れた作品、当時はどうしても手に入らず、何年も経って、やっと手に入れた作品。

 40年くらい経った今、師匠の録音時の気持ちが理解できます。
 
 長年勉強すれば、少しは分かるものです。

フラナガン師匠のキレキレさえ渡るソロ、スカッとしますね。
ギターのジャカジャカも他に集中すれば、大丈夫ですね。

モンテロースさんとの息の合ったプレイもかっこよかったです。

極上酒粕の黄金豚、おいしかったです。ありがとうございました!

コメントする

寺井尚之(p)トリオThe Mainstem

スケジュール

ライブ営業日
  (火)(水)(金)(土)6pm-
学割チャージ半額
3/16 Tommy Flanagan Tribute
前売 3000
当日 3500

アイテム

  • R-2741480-1463001525-3071.jpeg.jpg
  • fb_tribute1.jpg
  • tainaka4.JPG
  • ayame40_o.jpg
  • ippei1_o.jpg
  • zai20_o.jpg
  • ayame60576_o.jpg
  • piano_o.jpg
  • patirin1_o.jpg
  • mizutani1_o.jpg
OpenID対応しています OpenIDについて