寺井尚之のジャズ講座の最近のブログ記事

budapest27115689_500_500.jpg エラ・フィッツジェラルドとトミー・フラナガンのコラボの中でも最高のアルバム。

沢山のお客様と一緒に楽しみました。解説も最高!

encounter_n.jpg 今日は「新トミー・フラナガンの足跡を辿る」

 バリトンの勇者、寺井尚之の大好きなフラナガンの盟友、ペッパーの超名盤を素晴らしい解説と共に観賞します。

Modern_Jazz_Quartet.jpg

 2/4(土)は「楽しいジャズ講座」1995年に開催された富士通コンコード・ジャズフェスティバルの模様を鑑賞します。
 アルバート"トゥティ"ヒース(ds)参加時代のMJQ(モダン・ジャズ・カルテット)の映像は垂涎!
ジャズ・ベースの代名詞レイ・ブラウン(b)や、日本のファンに愛された歌手、サリナ・ジョーンズの在りし日の勇姿も!


「楽しいジャズ講座:映像でたどるジャズの巨人たち」講師=寺井尚之 受講料2000(学割チャージ半額)

sonnysdreamS00007338.jpgjazzforsunday059875.jpgtonyR-4463480-1365586178-8541.jpeg.jpg

  新春「新トミー・フラナガンの足跡を辿る」今回の登場アルバムは、前回のラッキー・トンプソン盤の残りテイク、人気アルト奏者ソニー・クリスとOrch.の共演盤『Sonny's Dream』、エラ・フィッツジェラルドが豪快に繰り広げる西海岸でのコンサート『Sunshine of Your Love』それに加えて、トミー・フラナガンがトニー・ベネットの音楽監督時代の歴史的名唱、チャップリン作曲の<スマイル>など、多彩な取り合わせで解説していきます。  今年もますます充実した講座を目指します!

 初めてのお客様もぜひ!皆様のお越しをお待ちしています。  

「新トミー・フラナガンの足跡を辿る」 6:30開講 受講料2500(学割チャージ半額)

hankjones.jpg新年1月7日(土)「楽しいジャズ講座」
19:00開講 2000yen
映像で辿る巨人たちに、ピアノの巨匠Hank Jonesが登場。
(1)Four Tenors with Hank Jones Trio!
出演:tenor sax:Frank Wess, Harold Land, Junior Cook, Lew Tabackin with Hank Jones(p), Ray Drummond(b), Marvin "Smitty" Smith
 個性あふれるテナー奏者と往年のハンク・ジョーンズ3の共演。
(2) Anita O'Day 白人ヴォーカル屈指のテクニシャン、強烈な個性のステージ。


どちらも'80sの日本公演のお宝映像です。ぜひお待ちしています。(学割チャージ半額)

lucky.jpg12/10(土)は月例「新トミー・フラナガンの足跡を辿る」
 寺井尚之が解説するアルバムはソウル系からデトロイト系、からプログレッシヴ系まで60年代のジャズ・シーンを象徴する多彩なジャズで!

 
「新トミー・フラナガンの足跡を辿る」講師:寺井尚之
12月10日6:30pm開講 受講料2500(学割チャージ半額)

lt81q1aClzxpL._SX355_.jpg
エラ・フィッツジェラルドの歌声とラッキー・トンプソンの卓抜な構成、心にしみる解説でした。

b90f2a5991158b2dfa45856fba397.jpg 今夜は、イリノイ・ジャケ―(ts)やブッカー・アーヴィン(ts)、そしてエラ・フィッツジェラルドの熱唱を。

 個性の違うフォーマットで、トミー・フラナガンの演奏の素晴らしさが際立ちました。

jones14125120_1264393183584415_345167574843882529_o.jpg

 9/3(土)は「映像でたどるジャズの巨人たち」
 今回はカナダの巨匠ピアニスト、オリヴァー・ジョーンズの圧巻のステージを観ます。
 ジョーンズは1934年生まれ、日本の知名度は高くありませんが、カナダではオスカー・ピーターソンに次ぐ巨匠です。子供の頃から、ピーターソンの姉、デイジー・ピーターソン・スウィーニーに師事(上写真)、華麗なピアノ奏法や音楽理論、作曲などを習いました。
 ピーターソンの系譜を引き継ぐジョーンズのプレイを初めて観ると、口あんぐり、手がグーになってしまいます。今回はジョーンズの故郷、モントリオール・ジャズフェスティバルの映像を観ながら、ジョーンズのピアノの素晴らしさと、共演者との感情の機微など、寺井尚之が例によって、最高に面白い解説を披露。
 どうぞお越しください。
 9/3(土):楽しいジャズ講座 7pm開講 受講料2000
 

free1.jpg

クラーク・テリー&コールマン・ホーキンスの『Back in  Bean's Bag』(続編)、後にアシッド・ジャズやロックなどに影響を及ぼしたヴァイブ奏者、デイヴ・パイクのストレイト・アヘッド志向のプレスティッジ盤、そして、ベニー・ゴルソンのワン・ホーン・アルバム『Free』など、多彩なレコーディング・セッション! 今回も寺井尚之の面白くてためになる解説でお楽しみください。

寺井尚之(p)トリオThe Mainstem

スケジュール

ライブ営業日
  (火)(水)(金)(土)6pm-
学割チャージ半額
3/25
トミー・フラナガン・トリビュート
演奏: 寺井尚之メインステム・トリオ
宮本在浩(b)、菅一平(ds)

3/4
中井幸一5
Plays J.J.Johnson

アイテム

  • budapest27115689_500_500.jpg
  • 0304P1110304.JPG
  • 0225P1110263.JPG
  • 0218P1110220.JPG
  • happyoukai16402507_4361966817240937_2994672599962683130_o.jpg
  • 30thtribute.jpg
  • encounter_n.jpg
  • tai16649270_979612218840282_3392117453657491309_n.jpg
  • Modern_Jazz_Quartet.jpg
  • mjqccdb532f77e91219c31dfb68a5f2c.jpg
OpenID対応しています OpenIDについて