2007年12月28日

年の瀬 雑感

Nice E-Meeting You
 food.JPG    goodfellas.JPG
左:今年のパーティ料理のごく一部!皆のおいしい顔が、私のごちそう!    右:寺井尚之とパーティを盛り上げてくれたスター達!皆ピアニストですよ。 

 年末恒例パーティも終わり、本年度のOverSeasのライブも今夜が最終、歳を取ると一年が経つのが速い!今年も平坦な道のりではなかったけれど、どうにか新年を迎えることができそうです。

 クリスマス・ラッシュであたふたしているところに、オスカー・ピーターソンの訃報。中学時代から何度もコンサート・ホールやTVで見た巨匠。体躯もプレイも全て大きくてベーゼンドルファー・インペリアルが小さく見えた。好き?嫌い?…そんなことを超越したスーパースターでした…

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ 

 今年の私のささやかなNewsはひょんなことから、このblog『寺井珠重のInterlude』を開設したこと!「ただでさえ時間がないくせに、何と無謀な!」と言われましたが、意外な人が意外なところで読んでくれていて、励まされたり、びっくりしたり、嬉しかったり。
 Interludeをご訪問下さった皆さま、実際にOverSeasをご訪問下さった皆様、どうもありがとうございました!

 10月にOverSeasでジョージ・ムラーツの至芸が聴けたのは、今年のGood News! 偶然ムラーツも、このブログと同時期に公式HPを開設、私が彼のサイトのbio(ムラーツ伝)の和訳を、日本のファンの為にbioのページに採用してくれました。(すったもんだの末、彼のWebデザイナー、ジャックが、日本語の活字を扱いかね、私の作ったページにリンクを貼ってます。)
 最近、ムラーツのHPのフォト・ギャラリーには、在りし日のサー・ローランド・ハナや、パーシー・ヒースとの写真が追加されていて一見の価値あり!
 gm23.jpg
ムラーツ公式サイト、フォト・ギャラリーより、パーシー・ヒース、ジョージ・ムラーツ=二人の巨匠の釣り旅行風景。

 それが縁で、ムラーツの共演者イヴァ・ビトヴァから、「私にも日本語のバイオを作って!」とメールがあり、彼女の公式HPにも私の訳が載ってます。イヴァちゃん(私が勝手にこう呼んでいる。)はチェコでは演劇、音楽の大スターで今年春から米国在住、創造の妨げになると、自宅にはTVやラジオは一切なし。NY郊外で自然に囲まれた生活を送っています。Eメール上の彼女はスターぶらず、とっても魅力的な女性でした。珍しくムラーツが「凄いキャリアのパフォーマーと共演することになった。」と録音前にこっそり教えてくれたのも納得の経歴、ぜひご一読を。英語のbiographyから日本語にリンクしてます。

04.JPG
 ジョージ・ムラーツ&イヴァ・ビトヴァは、新年にプラハ、ウィーンとスロヴァキアで公演予定、冬休みに彼の地に行かれる方はぜひどうぞ!写真はIva Bittovaフォトギャラリーより。

 また、イヴァちゃんの翻訳を請け負う過程で、日本の前衛芸術家たちとも交流がありました。彼女が以前プラハで共演した日本の舞踏家達の連絡先を探して欲しいと頼んできたのです。探していたのは田中泯(たなか みん)氏。俳優としても活躍していて、山田洋二の名画『たそがれ清兵衛』で、日本アカデミー賞助演男優賞を受賞しているから、ご存知の方も多いかも。真田広之扮する清兵衛が、意に反して果し合いをしなければならない不条理な敵役が印象的でしたね。
 なんという幸運!連絡をした時、ちょうど田中氏の舞踏グループはNYで公演中で、めでたくイヴァちゃんと再会!ひょっとしたら、イヴァちゃんの来日が果たされるかも知れません。スターというものは強運ですね。
 またイヴァちゃんと特に親しい田中氏のマネジャーは木幡和枝氏で、東京芸大教授、ブラックパンサー運動のエキスパートとして著名な文化人でしら。ちょうど11月のジャズ講座でブラックパンサーの女性リーダー、エレイン・ブラウンのアルバムを取り上げた直後のことでした。偶然は重なります。
brown_elain_seizethet_101b.jpg

 本ブログでCafe Bohemia探索中に、私に色んな事を教えてくれたピアノの巨匠、ディック・カッツさんの紹介で、著名なジャズ史家、プロデューサー、アイラ・ギトラー氏からは、J.J.ジョンソンの関連書籍などについてアドヴァイスのメールをいただきました。ギトラー氏の著書、『Swing to Bop』は、BeBopの誕生と栄枯盛衰を語るミュージシャンの証言集で私の愛読書、嬉しかった!

 そして横浜からは、A.T.やCafe Bohemiaにまつわるブログを読んで下さった、マシュマロ・レコードのオーナー、上不三雄氏が、来阪の折、若き日のトミー・フラナガンの貴重な写真を携えて立ち寄ってくださって下さいました。
 youngtommy.JPG
上不氏が寄贈して下さった写真です。素敵でしょ!トミーの笑顔に似合うフレームを物色中。ありがとうございました。

 マシュマロ・レコードは、貴重な音源や映像の再発や、ヨーロッパやカナダのミュージシャンの新録音を丁寧に製作する良心的なレコード・レーベル。マシュマロ・サイトの上不さんのコラムでは、デューク・ジョーダンの墓参やカフェ・ボヘミアなどの興味深いエピソードも読めます。

 近くから、遠くから、ブログを通じて、OverSeasにやって来て下さった沢山の新しい皆さん、どうもありがとうございました。来年も毎週、(流行と無関係でアンタイムリーな)色んなトピックをお届けします。
 
では、良いお年を! CU

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/42

コメント(4)

本年は大変お世話になりました!師匠、珠重さん、先輩方に出会えたこと、ムラーツ氏の演奏を生で聴けたこと、どれもが私のNewsです!
いつもブログ楽しみにしています!珠重さんの文章は単語といい、フレーズといい、すごく好きです。どうしてこんなに伝えたいことがスッと伝わる文が書けるのだろうと何度もじっくり読んでしまいます。これからも楽しみにしていますので、頑張ってください。私も頑張ります。
いろいろとありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。

モミティちゃん!今年は色々お疲れ様でした。

年末でお忙しいところ、コメントありがとさんです。伝えたいことがスっと伝わっていれば、とっても嬉しいです。いつも、長い文章で、コーラス数多すぎちゃううか、と反省しつつ・・・

来年は、さらにお互いに頑張りましょうねっ!

遠く離れていても、長い年月が経過しても「OverSeas」というジャズの聖地は私と木村の勉強の場として心の中心に在ります。もちろん実際に存在し、日本のジャズ界に異彩を放っているのですが。(笑)

指針があれば信念も生まれます。いろいろと悩みも致しますが思想的に回帰する場所があれば安心して突き進む事が出来ます。片時も感謝の気持ちを忘れた事はありません。

今年一年、大変お世話になりました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。良いお年をお迎え下さい。

古荘さま

熊本と大阪は目と鼻です!

今年も充実した活動を行ってこられたそうで、嬉しい限り!

大阪で、寺井尚之がてぐすね引いて待っておりますので、はよ来てくださいね!

コメントする