2008年8月22日

My Ship:フロイト的「女心の歌」 

寺井珠重の対訳ノート(13)

My%20Ship.jpg

  先週のメインステムのライブは楽しかったですね! フィンガー・シンバルや、オーラ・チャイムという棒状のパーカッションがツボにはまり、OverSeasにミントの香りが溢れ、涼しくなりました。MJQ(モダン・ジャズ・カルテット)を聴いて寺井がヒントを得たらしいけど、両方ともチベット由来のもので、あの涼しいサウンドで悪いオーラが一掃されるらしい!
 因みに、あの可愛いフィンガー・シンバルは、ヨガ教師である宮本在浩(b)夫人の愛用の品です。
mainstem_august.JPG    finger_cymbals.jpg

 ケニー・ド-ハム(tp)の"Lotus Blossom"(睡蓮)や、ホレス・シルヴァー(p)の"Summer in Central Park"など、この季節ならではの筋の通ったハードバップもよかったけれど、私の大好きな唄、"My Ship"が聴けました。

『私のお船』

  寺井尚之のアルバム『Yours truly,』のヴァージョンも大好きですが、今はもっと肩の力が抜け、大海原を表現するグリスもずっとしなやかです。
 
 作詞はアイラ・ガーシュイン、作曲はドイツ生まれのクルト・ワイル、アイラが、弟のジョージ・ガーシュインの死後、2年のブランク後、ブロードウェイにカムバックした最初の大ヒットです。
 歌詞は確かに、幼い女の子のファンタジーのようでありながら、曲想は洗練された大人、まるでベビー・フェイスのグラマー女優みたいに不思議な魅力をかもしだしている。

 だから、歌い手は小娘じゃダメ! サラ・ヴォーンや、アニタ・オデイといった「大人」の歌手がサマになる。アニタ・オデイは、ステージで歌っているのも聴いた事があるし、何度もレコーディングして愛唱している。

何でなんやろう?

w_svaughanbroad.jpg  anita_o%27day_three_sounds.jpg

『歌のお里』

 そこで、歌のお里を辿ることにしました。ジャズ・ミュージシャンが演奏するスタンダードのお里は、映画やブロードウェイが多く、街で流行っているものを、どんどん料理してジャズにしたので、お里を辿ると、「えーっ!こんな陳腐な唄だったの!?」とがっかりすることもあります。

  さて、マイ・シップが船出した港を調べたら、1940年、ブロードウェイのアルヴィン劇場で大ヒットした"Lady in the Dark"というミュージカルでした。原作は"ブロードウェイのプリンス"と呼ばれた当代一の劇作家モス・ハート、主演は英国出身の名コメディー女優ガートルード・ローレンス、まだ無名だったダニー・ケイがゲイのフォトグラファー役でブレイクしました。3年後に、ジンジャー・ロジャーズ主演で映画化された。
film_Lady_in_the%20_Dark.jpg

『Lady in the Dark』
 ストーリーは、ファッションの世界や、キャリア・ウーマンに、サイコセラピーが絡む都会派トレンディ・ドラマ。    主人公リサは、一流モード雑誌の美人編集長で、妻のいる雑誌社の社長と同棲中。仕事は出来るし、崇拝者も多い。恋人の社長は、妻と離婚の段取りをして、ポロポーズしてくれたのに、何故かリサはうつ状態になる。    そこで彼女は、精神分析医にカウンセリングを受ける。医者は、彼女の深層心理を探るべく、子供の時によく歌った童謡をもう一度歌わせようとするのですが、どうしても途中までしか思い出せない歌がある。実は、リサのノイローゼの原因はそこにあった。「思い出せない歌」の中に彼女の心の秘密が隠されていたのだ...    そうなんです!その歌こそ「マイ・シップ」! サブテーマとして、劇中、何度も断片的に登場します。それはリサが、潜在意識の元で思い出すのをためらっている夢、抑圧されたリサの恋心の象徴だったというのがオチ。    結局、リサは、自分が本当に愛する男性は、社長ではなく、いつもケンカしていた社内のPRディレクターだったことに気がついたとき、その歌は心の中に完全に蘇って、リザが大らかに歌う「マイ・シップ」がフィナーレとなります。


Gertrude_Lawrence_mw70797.jpg  ブロードウェイで主演したガートルード・ローレンスは英国出身の名女優で、映画、演劇を通じて大スターだった。ミュージカル「王様と私」が亡くなる直前の最後の主演作で、当時全く無名だったユル・ブリナーを主役に推したのも彼女だったんです。

○ ○ ○ ○ ○ ○

なるほどね!どうりで、イノセントな詞に、洗練された品格のあるメロディがついていたのだ! 
  「マイ・シップ」の海は、海深層心理の象徴で、船は「本当の自分」だったのですね。
 心待ちにする「私のお船」、宝船の財宝も、「唯一人の恋人」が一緒に船で来なければ、船なんていらないという歌詞は、劇のストーリーが集約されていて、しかも、ストーリーの俗っぽさは消えている。これこそ、アイラ・ガーシュイン!改めてアイラならではの作詞の力を思い知りました。

マイ・シップ
私のお船は絹の帆で、
デッキは金の縁飾り、
船倉は ジャムにスパイス、パラダイス。

私のお船はたくさんの、
真珠でキラキラ光ってる、
宝の箱には、
ルビーがぎっしり詰まってる。
船が港に入る頃、
サファイヤの空に、
陽は沈む。


何年でも待ちましょう
いつかお船がやって来る
うららかな春の、その日まで
でも、もしも一番大事なものが
お船に積まれていなければ
真珠も何もどうでもいい


私の唄うのその船に
もし本当の恋人が
一緒に乗って来ないなら、
船のことなど心配しない、
そんな夢など要らないの。



私の唄うその船が
私のほんとの恋人を、
一緒に乗せて来なければ。

Littel_ship.jpg


My ship has sails that are made of silk-
The decks are trimmed with gold-
And of jam and spice
There's a paradise
In the hold.

My ships's aglow with a million pearls,
The rubies fill each bin;
The sun sits high
In a sapphire sky
When my ship comes in.

I can wait the years
Till it appears-
One fine day one Spring.
But the pearls and such,
They won't mean much
If there's missing just one thing:

I do not care if that day arrives-
That dream need never be-
If the ship I sing doesn't also bring
My own true love for me -

If the ship I sing
Doesn't also bring
My own true love for me.


 歌詞を読んで、ぜひ寺井尚之の演奏するMy Shipを聴いてみてください。ピアノなのに歌詞が聴こえて、無垢な心と、大人の洒落っ気が聴こえます。  CDでも!OverSeasのライブでも!

CU
 

 


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/84

コメント(5)

小生のブログで、引用させてください。
お願い申し上げます。
My Shipの謎が、初めてわかりました。
すらばしい分析力です。
お願い申し上げます。

山川ファンサイト管理人

山川ファンサイト管理人さま、はじめまして!

 "すらばしい"とお褒めくださってほんまに恥ずかしいです。引用していただければ光栄です。

 またサイト覗きにうかがいますので、宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。
 

はじめまして。訳詞のブログをやっています。
My Ship の歌詞の検索で、こちらにたどりつきました。
こちら様の訳詞があまりにもすっきりとしているので、
これを読んでしまったら、それ以上の訳が思いつかなくなりました。
あちこち真似させていただきましたが、いけなかったでしょうか?
いけなければすぐに削除いたしますので、どうぞお申し付け下さい。
厚かましいお願いで、すみません。

No.3973のtamae teraiさんのコメントへの返信

ゆうこさま

 私の対訳を参考にしてくださって、嬉しく存じます。できれば、大阪のJazz Club OverSeasのブログ あるいは、寺井珠重のInterludeからと、PRしていただければ一層嬉しいです。

 今後とも宜しくお願い申し上げます。

寺井珠重さま

お許しいただき、ありがとうございます。
さっそく参考サイトのリンクのところに
「INTERLUDE by 寺井珠重」 というサイト名も書き加えました。
よろしくお願いいたします。

ゆうこ

コメントする