2008年12月20日

年末速報:Great Reunion

 大人の渋さと、ブルースと、スイング感一杯の末宗俊郎(g)ライブ:昨夜は、寺井尚之(p)、田中祐太(b)とのトリオでの出演予定だったのですが、「河原達人(ds)久々に飛び入り!」の噂を聴き付けて、ミュージシャン達が押しかけた!「ずーっとCDでしか知らない河原さんを聴きたかった」若手ドラマー、今北有俊、「バンドスタンドで困った時、河原さんならどうするか」と考えてドラミングするThe Mainstemの菅一平(ds)、それに、仕事にギグに忙しい宗竹正浩(b)までウイークエンドなのに参上!

   
左から河原、今北、菅、可愛い男の子は菅ジュニア      先輩ドラマーの一挙一動をノートするヤングライオン今北有俊


   ドライブ感溢れる末宗俊郎(g)のギターと、顔は無表情だけど、音色は表情一杯の寺井尚之(p)に、入れ替わり立ち代りゲストが加わるセッションに、皆大喜び!色んな世代のドラマーが、サウンドの味付けが微妙に違うのが面白い! 
 それにしても、久しぶりに聴く河原さんは、フラナガニアトリオよりもずっとリラックスして、ハジケたプレイ! 音楽をよーく知ってるなあ!だてに帽子かぶってないなあ・・・やっぱりかっこいい~!

younglions_suemune.JPG    
宗竹さんを聴けて大満足、田中祐太(b)&今北(ds):ヤングライオンズを相手にする末宗俊郎。ほろ酔い宗竹正浩(b)&河原達人(ds)

 ラスト・セットに宗竹正浩(b)がコールされ、フラナガニアトリオ・オリジナルメンバー+末宗俊郎(g)の組み合わせ!フラナガニアトリオ時代もこのカルテットはなかなか聴くチャンスがなかったんです。
    末宗後援会兼阪神タイガース公式ファンクラブのモモクリ会長は、「まるで四番金本の代打にバースが出てきたみたいや!」と喜びを隠し切れない面持ちだった。

 "There Will Never Be Another You"! 拍手は鳴り止まず、アンコールに末宗俊郎(g)が選んだのは、"Things Ain't What They Used To Be: 昔は良かったね"!そしてギターが 強力リズムチームで、存分にスイングした後、フラナガニアトリオはすかさず、"Like Old Times 昔みたいに "のインタールードを入れて、リユニオンを祝いました。

 若きミュージシャンの熱視線に、先輩に対するリスペクトが溢れていた。年末の夜は思いがけない音楽のクリスマス・プレゼントをもらって、私の心もポッカポカ!

  このブログを書いている今は、今夜のThe Mainstemがリハーサル中です。音楽って楽しい!

 CU

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/108

コメント(4)

オリジナル・フラナガニア・トリオ+末宗さん聴きたかったです。20日山中湖にて総会(忘年会?)を開催しました。

1995年9月15日に聴いたことをみんなで話てました。

 愛好会忘年会盛り上がったでしょうね!今でも、例の「かぶりもの」はあるのでしょうか?

 私も館長夫妻がいらっしゃったら喜ばれるだろうなあと思っていました。

 昨夜は、アンコールにトミー・フラナガン・チャーリー・パーカー・ヴァージョンの「ホワイトクリスマス」が聴けて大いに盛り上がりましたよ!

 

ブログを読ませていただき、何か店内の空気が伝わって来ました。ドラムの河原さんの飛び入り演奏聞きたかったな〜素敵なジャム・セッションだったみたいですね。

河原さんのプレイ、私も久々に楽しみました。河原さんの音のパレットには、色んな色が一杯あって、あの夜はとってもお茶目なポップな色が沢山空中に舞い上がりました!

 またいつかあきじんさまにも聴いていただければ嬉しいです!!

 末宗俊郎愛好会長はタイガース・ファンですので、ドラゴンズ・ファンの方には礼節を持って歓迎してくれますよ~!

コメントする