« ジャズクラブの片隅から:Unusualな或る夜の情景 | メイン | 祝日勉強会 「これだけは知っておきたいジャズの歴史」 »

2009年2月 6日

発表会レポート&ウォルター・ノリスさんのおもしろメールなど…


 

   先月末に開催した、寺井尚之ジャズピアノ教室の発表会レポートが出来ました!
外野の私が、発表者のピアニストたちに出来る感謝といえば、これくらいのことしかありません。

   写真は、You-non氏の名ショットです。今回は撮影したデータを未編集でそのままいただいたので、却って、寺井尚之の今後の指導の指針として、大いに役立ちました。

   皆の溌剌としたプレイには、「音楽で表現できることは?」という問いに対する深~い答えが隠されているようで、いつも強い示唆を受けます。フレッシュ初心者からプロ並上級者まで、稽古の成果を発揮してくれて最高!!ピアニストの皆さんどうもありがとう!


 寺井尚之ジャズピアノ教室を陰から大応援してくれているのが、ベルリン在住のウォルター・ノリス(p)先生です。81歳になっても、ヨーロッパ各地でコンサートや講演活動を続けていますが、コンサートの準備には今でも一日8時間稽古するというパワーが凄い!そして、生徒達の創作やテクニックに関する悩みを真正面から受け止めて、親身に助言してくれる姿勢は、観音さまのようであり、鍵盤に対峙する姿は仁王さまのようでもあります。

 反面、ノリスさんは、とってもお茶目な先生!クリスマスには、トナカイがクネクネダンスをしているアニメーションカードを送ってきてくれたり、ヨーロッパのミュージシャン仲間から送ってくるジャズニュースで面白いものがあると、転送してきてくれます。世界のジャズ・ミュージシャン達は、それぞれEメールのコミュニティを持っていて、特に身近なジャズ・ミュージシャンの訃報は、うちにもCCメールで送られてきます。何か必要なときには、仲間に連絡するシステムが結構出来ている。

  先週、ノリスさんが送ってきたメール・ニュースに、傑作な話が載っていました。ウィントン・マルサリスがランダム・ハウスから発表した新著、"Moving To Higher Ground"からのエピソードです。

 

 
フランク・フォスター

以前、テナーサックスの名手、フランク・フォスターが、ハーレムの“ジャズモービル”のイベントで、ジャム・セッション形式の路上コンサートを主催したときのことだ。 フォスターは参加者に、B♭のブルースを演奏しようと指示した。すると一人の若いテナー奏者が、最初のコーラスから、全く関係ないことを演リ始めた。B♭のブルースでもないし、リズムも全くアウトしている。当然のことながら、フランク・フォスターは彼を止めた。
「お前、一体何演ってんだ?」

すると、彼はこう答えた。「自分の感じるままにプレイしてるだけさ。」

フォスターは、こう言った。
「あのなあ、感じるままに吹くのはいいんだけどな、B♭で感じやがれ!このクソったれ(motherf**ker)。」

 昔YAS竹田が渡米直後、「アメリカ人って、どんなへたくそでも、自信持ってどうどうと演奏するからコワいわ。」と言っていたことを思い出します。

 こんなメールが飛んでくることを思えば、優秀な教育者、ノリスさんも、こんな生徒に出会ったことがあるのかしらん?もちろん、寺井尚之ジャズピアノ教室にそんな人はいません。


CU

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/120

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)