2009年4月 4日

トリビュート・コンサート曲目解説できました!


コンサート前に譜面をチェックするトミー・フラナガン
 こちらは雨模様の大阪です。

 今日は寺井-田中裕太(b)-菅一平(ds)のトリオ、初顔合わせでどんな演奏が聴けるか楽しみ!

 トリビュート以降、ピアニストの骨密度を高めるために、鰯や鯖の骨が入った削り節でお昼ごはんのおでんを炊きながら、やっとトリビュート・コンサートの曲目説明が完成しました。

 チーム・ワークを最優先事項にし稽古を重ね、その結果、個人の美技が際立ったのは、WBCのみならず、今回のトリビュート・コンサートも同じでした。

 あかげで書きたいことがいっぱいありすぎ、削っているうちに早一週間経ちました。スローですみません。

 トリビュートの客席から、魔法を使って名演を引き出してくださったお客様、残念ながら来れなかった皆様、トリビュート・コンサートのCDRを聴きながら静養中のトミー・フラナガン愛好会石井会長、どうぞ覗いてみてください!

 第14回トリビュート・コンサートの曲目紹介はこちらです。

CU

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/141

コメント(2)

いつもブログ楽しみにしてます。
昼間はこの10日間程、昼間は3月のトリビュートのみを聴いてます。
そして夜になるとフラナガンを!

 石井様、お加減いかがですか?

 たった今、今回のトリビュートのCDRを聴いていたところです。トリオのバランスも演奏内容もかなり良いと改めて思いました。

 早くこれも聴いていただきたいです。お大事に~!

コメントする