2009年8月13日

Nice Crowd、お盆のエコーズ。

 OverSeasはお盆も平常営業中。

8_12-echoes_1.JPG

 今週は平日もカジュアルな服装のお客様でいつになく(?)いっぱい!

 他の町から普段はなかなか来れない水曜日、「やっと来れました!」と、生エコーズを喜んでくださって、ありがとうございました!

 キャノンボール・アダレイTシャツがかわいいグループの人たちは、カリフォルニア州ヴァレンシア在住のカップルと、お嫁さんのお父様。旦那さんがキャノンボールと同じアルト奏者で、ネットで探して聴きに来てくれました。

 ガーシュインーやバップ・チューンはもちろん、"ニャー"のエンディングも、一緒に笑ってくれてうれしかったです。

8_12_echoes_2.JPG

 鷲見和広さんは、グラマーな新しい楽器になってから、あの手この手でハイポジションを繰り出す姿が魅力。ピアノは地震や大雨で受けたダメージを逆手に取って、ソフトタッチでものすごいボリュームを出し店中が倍音で満たされ、皆さん気持良さそうです!

 無表情な寺井尚之と、表情豊かな鷲見和広さんが、双子のザ・ピーナッツみたいに、シンクロナイズのエンディングを決めると、「何であんなことができるの・・・?」と客席からざわめきが・・・。

 この夜のエコーズの「お題」は、『お盆』と『ヴァケーション』、「五木の子守唄」の"おどま盆ぎり、盆ぎり"や、いにしえの大昔に整形前の弘田三枝子が歌っていた「V-A-C-A-T-I-O-N」がいろんなキーでアドリブの中にコラージュされるので、皆大喜びしていました!

 OverSeasのお盆のライブは14(金)が荒崎英一郎(ts)トリオ、そして15日(土)が寺井尚之The Mainstem出演!

 堺筋本町はひっそりしていますので、お忍びでどうぞ!

CU


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/184

コメントする