2009年9月 8日

さよなら EDDIE LOCKE (1930-2009)

 私たちが心から愛するドラマー、エディ・ロックさんが昨日逝去されたそうです。
 18歳の時からエディさんを尊敬し親交深かったショーン・スミス(b)(26日にOverSeasで演奏します。)から訃報が来ました。数日前にショーンがエディさんをお見舞いに行った時には、もうほとんど口がきけない状態であったとメールには書いてありました。

 寺井尚之を始めとしてOverSeasのミュージシャン達がエディさんから身をもって教えてもらったことはどれほどあるでしょう。デトロイト出身、パパ・ジョー・ジョーンズの弟子として叩き上げたあのドラミングが今も熱く鳴っています。

 頑固一徹で音楽に対する愛情が溢れていた巨匠、エディさんが初めてOverSeasに来た日のことは一生忘れません。コールマン・ホーキンスのことを熱く語ってくれたエディさん、心からありがとう!もしもジャズ講座の本第5巻をお持ちなら、巻末に彼のインタビューが載っています。


 エディさん、さようなら。そしてありがとう。心からご冥福を祈ります。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/193

コメントする