2010年5月17日

エミル・ヴィクリツキーさん、楽しかったです!(1)

 エミル・ヴィクリツキー氏訪日歓迎祝賀会、ヴィクリツキーさん、すごく喜んでおられました。お祝いに来てくださった皆様、心からお礼申し上げます。

in_the_mist.JPG

 速報を出そうと思ったのですが、翌日は関空にお見送りしに行ったり、今日はご協力くださったチェコ関係の皆さんにお礼メールしたりして、あっという間に日が暮れてしまいました。

 というわけで今日はコンサートがとても楽しく、また意義深いものだったということだけお知らせしておきたいと思います。

 時差ぼけのしんどうそうな顔は一切なし!エネルギッシュな明るいリハーサルぶりに、エミルさんのすばらしいミュージシャンシップを感じました。宮本在浩(b)+菅一平(ds)リズム・チームの予習の完璧さに終始嬉しそうで、"Fantastic! Perfect!"を連発されていて、私も鼻高くなったかも・・・そして、本番ではお客様の声援やノリの良いリアクションで、リハよりもずっと霊感に満ちた演奏が聴けました!

emil_ippei_rehearsal_1.JPGemil_zaiko_rehearsal_1.JPG

 Jazz Club OverSeasのエミル・ヴィクリッキーさん速報はG先生のブログにすでに載っています。私はボチボチこれから書きますので、よろしく~

emil_3.JPG

CU

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/251

コメント(2)

エミルさん、感動深いまでに素晴らしかったですね
宮本さん、菅さんとも息ピッタリで!

素晴らしいピアニストをまた1人、間近でじっくりと
堪能でき、余韻に浸る月曜の昼下がり。。。
仕事の途中で一休みし、メールをチェックすると。。

ハンクさんの訃報を知らせるメールが。。。

一転悲しみに浸っております。。

 Bushnellさま、はるばる姫路からお越しくださってありがとうございました。楽しんでいただけてよかったです!

 ハンク・ジョーンズさんは91歳とのことですが、まだまだお元気で演っていただけると、ファンは思ってしまいますよね。

 ソフトタッチとペダルの神業を引き継ぐピアニストが沢山育って欲しいです。これからも応援よろしくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

コメントする