2010年6月24日

Coming Events!

  サッカーや選挙で盛り上がる梅雨の日本列島、皆様ご機嫌いかがですか?

hisayuki_terai_09_6_20.JPG 明日の寺井尚之The Mainstemは、6月PartⅡこの時期に因む名曲を色々取り揃えてお楽しみいただく予定。

 6月の寺井尚之の悩みは梅雨のじとじとした湿気。北米に梅雨はないので6月ゆかりの曲もすっきり爽やか!なのに湿度が上がるとピアノのサウンドもじめついて、寺井の専売特許の倍音をふんわり膨らませるのが難しいらしい。6月の暖かな夜に彼女を口説く名バラード、ビリー・エクスタインの"I Want to Talk About You"もイメージどおりの響きにするのが大変。先週はそれでも面目躍如、首尾よくうっとりする響きになっていましたが明日はどうなるかしら?天気予報は曇りのち雨だって。雨も心模様で色んな歌になりますね。ワールドカップのサポーター達にとっては、天から降り注ぐ勝利の美酒か?涙の雨か?The Mainstemはどんな雨の名曲もスカッとスイングさせますよ!皆様お楽しみに!

 7月はThe Mainstemやジャズ講座のほかにもうひとつおすすめライブがあります。

<7月24日:林宏樹Comes Back!>

hiroki_hayashi.JPG

 4月にセンセーションを巻き起こした伝説のドラマー林宏樹!ベテランでありながら渋さ知らずのフレッシュな演奏ぶり、確かななテクニックと強力なスイング感で清涼感たっぷりのライブでしたよね!アンコールのご要望に答え7月に再演します。

 林さん、若い衆も期待してます。お待ちしてますよ~。
 満員が予想されますのでご予約はお早めに!

REUNION SESSION!
寺井尚之3

 featuring
林宏樹(ds)
and 宮本在浩(b)

日時:7月24日(土) 
7pm-/8pm-/9pm- (入替なし)
Live Charge :2,625yen

<8月1日:「寺井尚之ジャズピアノ教室」生徒会セミナー、カーメン・マクレエ講座>

camen mcrae 06.jpeg  Carmen1.jpg

 こちらはいつもご贔屓いただいている通常のジャズ講座「トミー・フラナガンの足跡を辿る」とは違う番外編。生徒でない方も大歓迎いたしますので、どうぞお越しください。

 ジャズ初心者の生徒達のために、有意義なイベントを定期的に開催している生徒会。この夏はジャズ・ヴォーカルを熱く語る集いを開きます。今までビリー・ホリディ、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーンと、ジャズ・ヴォーカルの女王と呼ばれる歌手についてセミナーを開催して来ましたが、今回はカーメン・マクレエの全貌を皆で聴きましょう。

 講師、寺井尚之は現在カーメン・マクレエの音源をつぶさにチェック中。「女優が役柄や脚本で仕事を選ぶように、私の選曲のキーポイントは第一に歌詞」というカーメン・マクレエのヴォーカル世界、今まで何人の歌手が彼女の節回しをパクって成功したことでしょう。寺井尚之がセレクトしたマクレエの女優系歌詞解釈の翻訳は不肖私が担当させていただきます。マクレエの演劇性は基本的にソフォクレス、ヒロインは決してメソメソしない。高倉健の様に背筋を伸ばして自分の悲劇を静かに語ります。マクレエの師匠ビリー・ホリディならいじらしいセリフをマクレエが歌うと地獄の淵から呼びかけられているように聴こえるときもある。

 ハッピーエンドを標榜する寺井尚之とマクレエの視点は対照的にも思えますが、だからこそ観えてくる音楽的要素に期待!

<Carmen McRae講座>

日時:2010年8月1日(日)

時間:正午~3:30予定

受講料:2,500円


 では、明日The Mainstemでお会いいたしましょうね!

お勧め料理は、極上の山形牛を寺井尚之が料理した『黒毛和牛の赤ワイン煮込み』、サッカー観戦で寝不足になったあなたにもおいしく召し上がっていただけるように、さっぱりした添え野菜と一緒にお召し上がりくださいませ。

CU

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/258

コメント(2)

最近、「CARMEN SINGS MONK」を聴き込んでいます。

CARMEN McRAEの素晴らしさは勿論ですが、
George Mrazの絶妙のサポートが素晴らしいです♪
他のベーシストでは、あの名盤は生まれなかったかもしれません。

Carmen McRaeの歌い方は他のシンガーとは異なるように感じます。
明らかに違うところが、語りのようでありながら音程がチャントあるところだと思います。
しかも、音程のコントロールが絶妙に成されています。(少し高めや、低め等…)
もちろん、ビブラートや息の長さなども完璧すぎます!!!☆

講座が楽しみです♪
 

 鷲見さま、今夜も良い演奏ありがとうございました。

 モンク集のムラーツ、ほんとに凄いですね。カーメン・マクレエが自分の歌唱に対する集中力を判っていて、Yeah, George! と掛け声出していますよね。あのアルバムのチャーリー・ラウズも凄いです!

 マクレエはビリー・ホリディに心酔して、一挙一動を吸収して、全く違う芸域に達した歌手だと思います。対訳がんばります。

 

コメントする