2010年10月14日

"The Mainstem" 10/16(土) 《お月見 Hard Bop》予告セット・リスト

 今日は怒涛のように内外から沢山Eメールが届いた日でした。ご無沙汰のあの人はどうしてるかな?となんとなく気になる波動が世界中に流れているのかも知れません。

tamae_baker.jpg 最近、常連様のお勧めでTwitterなるものを始めました。まだあんまりよく判りません。私なんて、殆どお店&市場、自宅、時々キタ・ミナミくらいしか徘徊しないし、"○○なう"とも書けない身の上だしなあ。フォローさせてもらってる未知なる方々の中には、「腹減った」とか「トイレ行きたい」とか、日がな一日Tweetしている優等生も・・・興味深いつぶやきはあなりないかも知れないけど、とにかくFollow Me!宮本在浩(b)、菅一平(ds)もつぶやいてます。寺井尚之ジャズピアノ教室生徒会長のつぶやきも・・・有名常連のND氏やダラーナ氏は、グルメなつぶやきがうらやましい!私めのアイコンは、大好きな元祖ブラック・ビューティ、ジョセフィン・ベイカーのバナナ・ルックです。どうぞよろしく~http://twitter.com/#!/tamaeterai

 さて、10月最初のThe Mainstemライブが今週の土曜日に!ヒースBros.に負けないくらい「音」が聴こえてくるプログラムですよ。

乞ご期待!

"The Mainstem"
寺井尚之(p)
宮本在浩(b)
菅一平(ds)
7pm-/8pm-/9pm-
Live Charge 2,625yen(ご予約お願いします)

entrance.JPG

<1st set>

1. Almost Like Being Love オールモスト・ライク・ビーイング・ラヴ(Alan Jay Lerner/Frederick Loewe)

2. Hassan's Dream ハッサンズ・ドリーム (Benny Golson)

3. The Scene Is Clean ザ・シーン・イズ・クリーン(Tadd Dameron)

4. The Voice of the Saxophone ザ・ヴォイス・オブ・ザ・サックスフォン (Jimmy Heath)

5. Rifftide リフタイド (Coleman Hawkins)


moonkite.gif

<2nd Set>

1. It's Only a Paper Moon ペーパー・ムーン (E.Y.Harburg,Billy Rose/ Harold Arlen)

2. East of the Sun, West of the Moon 太陽の東、月の西(Brooks Bowman)

3. Moon Ray ムーン・レイ (Artie Shaw)

4. Moonlight Becomes You ムーンライト・ビカムズ・ ユー(Johnny Burke/Jimmy Van Heusen)

5. Old Devil Moon オールド・デヴィル・ムーン (E.Y.Harburg/Burton Lane)


autumn_in_newyork.jpeg
<3rd Set>

1. As Long As I Live 生きている限り(Ted Koehler/Harold Arlen)

2. Lonely Town ロンリー・タウン(Betty Comden,Adolph Green/ Leonard Bernstein)

3. 46th & 8th (Waymon Reed)

4. Autumn in NewYork NYの秋 (Vernon Duke)

5. Scrapple from the Apple スクラップル・フロム・ジ・アップル (Charlie Parker)

 1-1, 1-2は、先週のジャズ講座で印象も新たな2曲、寺井尚之流「どんなもんじゃい」という感じの演奏が聴けるでしょう。1-4は来日中のジミー・ヒースが同じテナーの大先輩であるコールマン・ホーキンスに捧げた曲。The Voiceという、ホークの究極の音色をピアノ・トリオでどのように再現するのでしょうか?興味は尽きません。

 2セット目は文字通り「お月見組曲」、毎年10月には「月」に因むプレイが聴けますが、因みに当日は少し膨らんだハーフムーン(月齢8.3)の大潮の宵、この演奏を聴いたあなたの月はどんな表情になるでしょう?楽しみですね。

 ラストの3rdセットは秋色の演奏が楽しめそう。この季節にぴったりな、レナード・バースタイン作品も登場!宮本在浩ファンの皆さんはベースがグイグイ拳を回すブルース(3-3)をお楽しみに!

 旬の楽曲と伝家の宝刀=ハードバップの絶妙の絡み合い!お勧めメニューは、10月になっても、健やかに育ち続けるバジルソースを絡めてポークをグリルする予定です。

 お時間のある方はぜひぜひ路地裏OverSeasを覗いてみてくださいね!

CU

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/290

コメントする