2011年2月24日

ジャズを題材にした漫画「坂道のアポロン」でスイング!

9710605.jpg

 ジャズ・クラブの片隅で楽しいのは、お客様のおかげで、思いがけず無縁の世界に出会うこと。

 先週末、寺井尚之The Mainstemは、初めてのお客様のご予約を何組かいただいたのですが、その内、東京から来られるはずの皆さんがラスト・セットが始まっても現れません。以前、神奈川県からバスに乗って来たK君も、渋滞のためにOverSeasに辿りついたのは演奏が終わってからだった・・・

 そんな気の毒なことになったらどないしょう・・・とヤキモキしていたら、一曲終わった頃にそ~っと扉が開いて6人のお客様が静か~に入って来られました。

apollon_at_overseas.JPG

 タッド・ダメロンの"Smooth As the Wind"やベニー・ゴルソンの"Stablemates"など、いつもどおりストレート・アヘッドな選曲でしたが、とっても熱心に聴いて下さって、お店の中にいい感じのヴァイブレーションが満ちました。

 寺井尚之は、アンコールがかかると、ふくよかなタッチで"Body & Soul"をじっくり聴かせ、弾丸スピードの "Caraven"で締めくくりました。熱いインスピレーションを送ってくださったお客様全員へのプレゼントですね!

 演奏が終わった後、ミュージシャンに「感動しました!」と挨拶してくださったのは、漫画家の小玉ユキさんだったと、お帰りになってから知りました。小玉さんの人気コミック「坂道のアポロン」の第7巻発刊に際し、サイン会&原画展開催で来阪の折、たった1泊の忙しいスケジュールを縫って寺井尚之の演奏を聴きに来てくださったのだそうです。

junk_dou.JPG もう数十年、アメリカ人の友達に(半ば無理やり)読まされた「クレヨンしんちゃん」以外、漫画を読む余裕はありませんでしたが、一気に興味津々!昨日、原画展開催中の梅田ジュンク堂に行って来ました。安藤忠雄デザインのモダンな建築で、中に入るとNYのBarnes & Nobleがもっとすっきりしたようなゆったりした空間、小玉さんの作品はIFに平積みしてあり、すぐに購入、一気に読みました。「講座本」もこんなところに置いてあればなあ・・・

gallery.JPG

 小玉さんの人気コミック、「坂道のアポロン」は、なんとジャズをテーマにした作品。'60年代の九州、海辺の町を舞台に、高校生達が、様々な問題を抱えながら、ジャズのプレイを通じて、成長していく青春群像。

 クラシックしか知らなかったピアニストの薫がジャズの洗礼を受けるのが"Moarnin'"だったり、ドラマーの千太郎が"Satin Doll"を口笛しながら薫とバイクに乗っている絵の吹きだしに「おりてこい、デューク・エリントン・・・」なんて書いてあると、思わずにやりとしてしまいます。作品に登場する曲は、案外骨太のものが多いし、九州弁の科白が、ストーリーにマッチしてます。

 原画展を拝見して、繊細な画風にも親近感を持ちました。ヒロインの律子ちゃんは、小玉ユキさんご自身とそっくり!

 「坂道のアポロン」を読んで、若い人がジャズに親しんでくれれば最高です!トミー・フラナガンや寺井尚之が登場するとすれば、どんなキャラクターになるのかな?なんて色々想像しながら、次の巻が出版されるのが楽しみになってしまいました。

 読み進むと、第7巻のScene 33の扉絵は"Caravan"でした。小玉さんのオーラを寺井尚之が感知したのかも知れませんね!

 原画展は梅田ジュンク堂で28日まで開催中!

 明日のThe Mainstemは、どんな曲、どんな出会いが待っているのかな?私はビーフストロガノフ作って待ってます。

CU

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/328

コメントする