2011年3月21日

第18回コンサート:Tribute to Tommy Flanagan

18tribute_teraiP1040335.JPG

 3月19日(土)、予定通り第18回トリビュート・コンサートを開催いたしました。3月とはいえ、春とは程遠い状況下、色々無理をして駆けつけて下さったお客さま、本当にありがとうございました。

 また、被災下のフラナガン・ファンの皆様、計画停電や物不足で大変なのに、激励メールなど、色々とありがとうございます!

 終演後、寺井尚之は「音楽家の仕事は、人様の魂をきれいにすることやと思います。大変なときだからこそ演奏をして、聴いていただかんといかんと思います。」とスピーチしました。

18thtributeP1040264.JPG

 OverSeasが誇るメインステムのリズム・チーム、宮本在浩(b)、菅一平(ds)は。高い志で、寺井尚之の音楽的要求に応え、客席から大きな歓声をいただいていました。生前のフラナガンに会い、何度となくライブで聴いている常連の山本氏が、"メインステム・トリオの「進化」と「深化」に感動"と掲示板にコメントされていましたが、私も同感!
BRAVO!

18thtribute_zaiko_1.JPG  18thtribute_ippei_1.JPG

 セット・リストは、トミー・フラナガンが生前聞かせてくれた名演目ばかり、オリジナル曲、フラナガンならではのメドレーの数々、フラナガンが愛したエリントンやサド・ジョーンズ、トム・マッキントッシュ達の「ブラックな」味わいのある名曲が、絶妙のレイアウトで並びました。

<1>
1. Let's (Thad Jones)
2. Beyond the Bluebird (Tommy Flanagan)
3. Embraceable You (Ira and George Gershwin)- Quasimodo (Charlie Parker)
4. Mean Streets (Tommy Flanagan)
5. Good Morning Heartache (Irene Higgenbotham, Ervin Drake, Dan Fisher)
6. Rachel's Rondo (Tommy Flanagan)
7. Sunset & the Mockingbird (Duke Ellington)
8. Tin Tin Deo (Chano Pozo, Dizzy Gillespie, Gill Fuller)

<2>
1. That Tired Routine Called Love (Matt Dennis, Ted Steele)
2. They Say It's Spring (Marty Clark/Bob Haymes)
3. A Sleepin' Bee (Truman Capote/ Harold Arlen)
4. Minor Mishap (Tommy Flanagan)
5. If You Could See Me Now (Tadd Dameron)
6. Our Delight (Tadd Dameron)
7. Dalarna (Tommy Flanagan)
8. Eclypso (Tommy Flanagan)

Encore:
1. With Malice Towards None (Tom McIntosh)

2.Medley:Ellingtonia

Come Sunday (Duke Ellington)

Chelsea Bridge (Billie Staryhorn)

Passion Flower (Billie Staryhorn)

Black and Tan Fantasy (Duke Ellington)

18thtributesawano_sanP1040305.JPG 澤野工房の澤野社長もお忍びで来て下さってありがとうございました!顔見知りの常連様たちも澤野さんのお姿を見つけて、とても嬉しそう!ナニワのジェントルマン、私も澤野さんの大ファンです!

 写真撮影してくださったのは、東京からおいでになった後藤誠先生です。昨日帰京されましたが、新幹線はいつになくガラガラだったらしい。素敵な写真たくさん撮ってくださって、ありがとうございました。

 なお、トリビュート・コンサートは三枚組みのCDにして、お越しになれなかった皆様にお分けする予定です。ご希望の方は当店までお問い合わせください。

DSCF9148.JPG

 トリビュートを無事終えることができて、少し脱力~ でも先の見えない状況に変りはない・・・明日から、再びがんばって働きます!

 25日(金)はエラ・フィッツジェラルド@カーネギー・ホール・コンサートの講座を行いますので、どうぞよろしくお願いします!

CU

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/339

コメントする