2011年3月14日

海外ジャズメンより:震災お見舞い(2) from Jimmy Heath

jimmy_heath_master.jpg 

 As a Jazz Musician who loves Japan I a m heartbroken by the tragedy that has happened in your country.

 Me and my fellow musicians hope you can survive this awful time and come back stronger. You have our sympathy and condolences to those who lost love ones.

Jimmy Heath and The New York Jazz Family.

ジミー・ヒース(ts)&ニューヨーク・ジャズ・ファミリー。

  日本を愛する一ジャズ・ミュージシャンとして、今回の悲劇に胸が張り裂けるようなショックを受けています。

 私をはじめとする多くのミュージシャンが、日本の皆様がこの苦境を乗り切り、より力強く復興されることを祈っています。

 愛する人や大切なものを失った方々に哀悼の意を表します。

 テナー、ソプラノの巨匠、ジミー・ヒースはいわずと知れたヒース兄弟の一員、兄はMJQのパーシー・ヒース(b)、弟はアルバート・ヒース(ds)の天才一家。

 ディジー・ガレスピー楽団からヒース・ブラザーズまで、ジャズ史の生き証人であり、ジョン・コルトレーンに大きな影響を与えた音楽家としても知られています。昨年伝記が出版されたので抄訳も。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/333

コメントする