2011年4月10日

<ゴールデンウィーク楽しいJAZZの講座>予告編:ビリー・ホリディ

 大阪の桜は満開で、こんな時期だからこそ、儚げな美しさが一層心に染みます。皆様いかがお過ごしですか?

 Jazz Club OverSeasでは、連休中、5月3日~5日の正午より、<楽しいJAZZの講座>を開催いたします。お題は「ジャズ・ヴォーカルの女王達」、ビリー・ホリディ、サラ・ヴォーン、カーメン・マクレエ、ジャズ史上に輝く3人りの名唱を、不肖私の作った対訳と共に、寺井尚之が、歌の楽しさを解説いたします。

 お休みのお昼のひとときを、心に染みる名唱と寺井尚之のトークで過ごしませんか?

Billie+Holiday.jpg

Billie Holiday (1915-59)

 初日のヒロインは、時代を超えて心を捉え、ジャンルを超えて、多くのミュージシャンに影響を与え続けるビリー・ホリディ

 娼婦の母親、感化院の少女時代、ドラッグや人種差別、バイセクシャル、不幸な結婚の繰り返し、壮絶な44年間の人生は確かにスターに相応しい。だけど、ビリー・ホリディは「奇妙の果実」だけではないのです。

 ホリデイの歌は、聴く者ひとりひとりの心の奥底に語りかけてくる。心の奥に鍵をかけてしまいこんでしまった色々なことが、呼び覚まされるような気がします。私たちがしてしまった色んな「いけないこと」をビリー・ホリディは赦し、癒してくれる。

 ホリデイの歌唱は、満開の桜のように、人の心を酔わせてくれます。「散り行く哀しさ」が秘められているからこそ、余計に愛しくなるのです。

 対訳係りとしては、そんなところが歌詞の意味から感じていただければいいなと思っています。3日連続でも、一日だけでもノー・プロブレム!ジャズ・ファン、ヴォーカリストだけでなく、ご興味がおありでしたらぜひお越しください。

 初めてのお客様も大歓迎!お一人でもグループでもぜひどうぞ!

<ゴールデンウィークの楽しいJAZZの講座>

ジャズ・ヴォーカルの女王達を対訳を見ながら楽しもう。

【日時】5月3日(火)-5月5日(木)
     正午~3:30pm (要予約)
【講師】トミー・フラナガン唯一の弟子、OverSeasオーナー、 寺井尚之
【受講料】各日¥3,150 (税込) 飲食代別

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/347

トラックバック

» ビリー・ホリデイについて from kum-blo
数年前にノラ・ジョーンズが現れてから、音楽シーンでは「ノラ・ジョーンズ系」という言葉が今でも使われていて、そしてそれくらい流行しています。 ◇ ◇ ... 続きを読む

コメントする