2011年7月28日

トミー・フラナガン・インタビューを読もう!(3)

tommy_and_flowers.JPG

  フラナガンは、ホーン奏者と同様のアプローチをピアノでしていると語る。彼にとって、曲のテーマは、聴きなれた曲を作り変える為の出発点である。コンサートやクラブで真夜中が近づくと、モンク作のジャズ聖歌、"ラウンド・ミッドナイト"をよく演奏するが、同じ演り方で弾くことは二度とない。

  ある秋の夜、ノルウェイの豪華客船上で開催される『フローティング・ジャズフェスティバル』で西カリブ海を航海中、ピアノに向かうフラナガンは出だしの5分間テーマを弾かずにじらした挙句、おもむろに"ラウンド・ミッドナイト"のメロディに戻った。翌晩、フラナガンはまた違ったアプローチでこの曲を弾くのである。

<テイタム、パウエル、パーカーたち>

tatum444.jpg 「アート・テイタムには私の演りたいことの原型がある。アートの様に弾く事は誰にもできないが、ミュージシャンはどうあるべきか、その目標として、向上心を与えてくれる。彼のメロディ、テクニック、タッチ、ハーモニー・センス、全てが時代や流行を超越している。」

  「テイタムのように、いつまでも時代遅れにならないソロ・プレイを目指すのは、常に正しい!充分に長い間演奏し、あらゆる要素が合致すれば、うまく流れに乗ることが出来て、前よりは良い演奏になっていると感じるだろう。」

  「NYに出てくる以前に私が聴きこんだ人々のうち、バド・パウエルはテイタムの次に影響を受けた名手達の一人だ。テディ・ウイルソンとファッツ・ウォーラーはテイタムと同じくらい大きな影響を受けた。この三人は初めて私が熱心に聴いたピアニストたちだ。彼らこそ、"ピアノの世界:The World of Piano"だった!」

bird71520.jpg 「テディ・ウイルソンは他の巨匠よりも判りやすく、初心者の私にはとっつきやすかった。ウイルソンを理解する事はアート・テイタムに進む布石となった。

 バド・パウエルはチャーリー・パーカーと切っても切れない存在だ。彼の音楽は一生懸命取り組むのに相応しい完璧なものだった。10代の高校生だった私にとって、パーカーの音楽は、まさに進むべき道を示すメッセージのようなものだった。バドとの共演盤を聴く迄は、私が聴く器楽奏者はバードだけというという時期もあった。だがバドとバードが一緒にやっているのを聴き、これだ!と思った。二人のコラボの中に全ての要素が凝縮されていた。ビバップのピアニスティックな要素とホーンの要素が融合し、ここから全てが始ったのだ。」


  
  フラナガンは時にオリジナルを作曲し録音している。だが彼は、他の作曲家作品への嗜好が強いと明言する。

 「私は、作曲家がどのようにその曲を演奏して欲しいのかを突き止めることに没頭する傾向が、どうもあるようだ。自分で作曲する能力より、作曲家が私に説明してくれる能力の方が優れているんだろうな。デューク・エリントンの音楽を例にするなら、演奏すれば演奏するほど、私には一つ一つの音によって彼が何を言おうとしているか、彼が何故その曲を何度も演奏し、繰り返しても飽きなかったのかが、よく判るようになるんだ。

 ラッセル・プロコープ(cl)は毎晩"ムード・インディゴ"でフィーチュアされることが判っていたが、それでも26年間、毎晩、ムード・インディゴを演奏することを心待ちにしていた。そうでなくてはならないんだ!その曲が好きならば、何度演奏しようと、お客さんも自分自身も退屈なんてすることはない。」

<楽曲の真髄に到達するには>

  大いなる音楽の冒険家であるフラナガンが、一旦スタンダード作品を弾き始めると、疑問が湧く。『一体彼は、この曲を始める時に、はっきりした構想があるのだろうか?それとも、曲に誘われるまま、音楽的冒険を楽しんでいるのだろうか?』


 「どんな感じになるのか確かめているんだ。」フラナガンはこう答える。「演ってみて、流れがよくなければ、曲を乗りこなすための正しい方法を探す。つまり、自分にとって最高の流れを探すんだ。そしてうまく構成して演奏しようとする。」

 「私のレパートリーは、あちこちからとりとめなくかき集めたものだ。アメリカ・ポピュラー音楽の有名作曲家の作品もあるし、知人の作品にもこだわっている。要するに演りたいものなら何でも演る。何もガーシュインばかり演ることもない、他の人間がプレイしようと思うのであればね。私はジェローム・カーンやハロルド・アーレンの曲が好きだ。ジャズ以外の分野ではこの二人が最も好きな作曲家だ。自分の知っている古い曲をプレイしたいし、プレイのためにはより深く理解しなければと感じる。

  新しい曲には、何となく束縛されるように感じるときがある。うまく演奏する方法は一つしかなくて、良くしようとしても変更の余地がない。逆に<ボディ&ソウル>みたいな曲であれば、20人の演奏家がいまだに20通りの方法で演奏するだろう。もう変えようがないと思った途端、モンクが全く違うヴァージョンでやっているのを聴いたりするわけだ。」

jazzpoet.jpg   現在フラナガンは新作アルバム、『ジャズポエット』を製作中。タイムレス・レーベル制作でジョージ・ムラーツ(b)、ケニー・ワシントン(ds)とのピアノトリオ作品である。その他チェスキー・レーベルからのフィル・ウッズの新作『ヒアーズ・トゥ・マイ・レイディ』に参加している。

let's.jpg フラナガンは近い将来、サド・ジョーンズ作品集を録音したいと言う。(名盤『Let's』として結実)

 「私は他の人の音楽を自分なりに解釈して演奏したい。曲を作った人間を良く知っていると、より良い演奏をする事が私にとって容易になる。私は30年前に、サドの音楽をデトロイトで演奏していた。今やっと、楽曲のあるべき姿、最高の形態が見えてきた。曲の真髄に達すると言う事は、それほど長い年月と道のりを要するものなのだ。」

(了)

 いかがでしたか?フラナガンの発言には、彼自身の姿勢だけでなく、ジャズ・ミュージシャンの進むべき道が色々暗示されているように思いました。「楽曲を愛する」意味もよくよく判ります。

 翻訳にあたり、「ジャズタイムズ」のバックナンバーを提供いただき、上の同誌カラー写真もお送りいただいたジャズ評論家、後藤誠先生に心より感謝いたします。

CU!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/371

コメントする