2011年9月29日

ジョージ・ムラーツが愛用ベースをお譲りします。

 ひどい嵐が続いた9月の空気も透明感が増したように感じます。郊外にある実家の庭掃除をしていたら、バッタや、日ごろ見かけない小鳥たちの不思議な鳴き声に出会い、小さい秋を見つけました。

george61.jpg

<ジョージ・ムラーツの"あの"サウンドを目指すミュージシャンたちに朗報!>

 恒例ヨーロッパ・ツアーの後、しばらくのんびりしている我らがアニキ、ジョージ・ムラーツより、ヨーロッパで演奏するためにチェコにキープしている愛器を大事に使ってくださる方にお譲りしたいそうです。

 ジョージ・ムラーツ:「自分が見つけた良いベースを眠らせるより、素晴らしい国、日本のファンの人で買ってくれる人がいるなら是非使ってもらいたい!」

 このベースはドイツ製のオールド、フランスの名工パトリック・シャルトンが、折りたたみ出来る特注のトラベルベースを作ってからは、出番があまりなくなってしまった逸品です。

 レコーディングでは、チェコの名ピアニスト、ナイポンクのアルバム『Night Lights』で演奏しています。(下の写真参照。)

mraz_Najponk.jpeg

 ムラーツのパーソナル・アシスタント、石川翔太(しょうたん)君による楽器の説明は下記の通り。「ドイツ製の状態のいいオールドの3/4サイズ。基本は、彼がチェコに帰郷した際でのEmil Viclickyとのコンサート・ツアー、そしてヨーロッパでの各地ツアーで使用していた物です。サブとはいえ、彼のヨーロッパでのメインベースです。 」とのこと。

 気になるお値段は、日本円で250万円だそうです。お支払いは電子送金。別途、為替&送金手数料・チェコからの送料等が必要です。

 買ってくださった方には、次回ムラーツが来日時にお目にかかってお礼を申し上げ、ご希望でしたら、喜んでベースなどにサインをさせていただくそうです。

 このベースに関する詳しいお問い合わせは、アシスタントの石川翔太君までどうぞ。メールアドレスjazzcomposerslink@shotaishikawa.comまでお願いします。

 では良いお買い物を!

CU

2011年9月22日

東海のバディ・リッチ、林宏樹(ds) 10月22日(土)に!

 台風が再び襲来して、ほんとに困った週でした。皆さんは大丈夫でしたか?

 こちら大阪は、近畿でも、一番被害が少なかったようです。台風は被災地を通り、東北海道まで襲撃の許せない縦断ツアー・・・北国のお客様が心配です。

hiroki_overseas_10.JPG

 さて、台風に負けないハイパワー・ドラマー、林宏樹さんが、来月10月22日(土)にOverSeasに来演!

 普段は中部、関東地方で活躍中、優しく明るいキャラクターと「東海のバディ・リッチ」と呼ばれるパワーとテクニックで、聴衆を魅了し続けています。OverSeas酒豪番付では、河原達人(ds)さんと、東西の正横綱を分け合い、熟年性「アル中ハイマー」を自称。

 圧倒的なドラム・ソロは必聴!しなやかな肘と手首の使い方はロマンス・グレーの風貌に似合わないフレッシュの息吹が一杯!ドラマーでなくとも見惚れてしまいます。

 共演は、ポーカーフェイスの陰で、激烈に迎え撃とうと闘志満々の寺井尚之(p)、そして、二人の闘争を間でしっかり取り持つ宮本在浩(b)、トリオの熱いプレイをぜひぜひ聴きにお越しください!

<林宏樹(ds) Live at OverSeas>
林宏樹(ds)
with 寺井尚之(p)
宮本在浩(b)
10月22日(土) 
開場6pm- 演奏7pm-/8pm-/9pm- (入替なし)
ライブチャージ:¥2,625(要予約)

CU


2011年9月18日

FLANAGANIA Reunion 10/10(祝) 1pmより!

flanagania_reunion.JPG

 お天気が不安定な連休、有意義にお過ごしですか?未だに祝日が連休にシフトするのに慣れないのですが、来月の祝日はしっかり脳内カレンダーにマーキング!

 10月10日(体育の日)はフラナガニアトリオ!待望のリユニオン開催!マチネー・コンサート(午後1時開演)ですので、遠方のお客様もぜひお待ちしています!

flanagania_a1.JPG 前回のライブから早2年半、いつかまたやろうね!って言いながら、あっという間に月日が経ってしまいました。

 フラナガニアトリオをCDでしかご存知ない皆様も、「懐かしい!」と感じてくださる皆様も、ぜひお待ちしています!

 天性のリズム感で繰り出すビートが、寺井尚之のピアノに絡みつき、絶妙のコントラストを醸し出すベーシスト、宗竹正浩さんは、現在も殆どフルタイムで活躍中。寺井ママは、大相撲が始まると、宗竹さんを魁皇に似てると言いますが、見た目が似てるかどうかは別として、確かに「力相撲」系のプレイは魅力的ですね。

 歌心溢れるドラマー、河原達人さんは、芸術への深い造詣を、カラフルなドラミングに包み込んで、寺井尚之に寄り添うようなプレイを聴かせてくれます。今も初心に立ち返り、ドラムを習いに行ってるとか・・・菅一平、今北有俊たち後輩ドラマーに心から慕われる優しきバッパー!

 フラナガニアトリオ、久々のリユニオン!10月10日、私もすごく楽しみです!当日は、お食事もお酒も、勿論ソフトドリンクもご用意いたします。休日のマチネー・コンサート、どうぞご一緒にお楽しみください!

flanagania3mune.gif
< 寺井尚之ジャズピアノ教室生徒会主催イベント>
Flanagania Trio Reunion!


寺井尚之(p)
宗竹正浩(b)
河原達人(ds)

日時:10/10 (Mon.体育の日)
開場:12:00 1st:13:00、2nd:14:00、3rd:15:00 (入替なし)
閉店:16:00
Live Charge ¥2,625 (税込)要予約

after_show.JPG tatsuto_black_cap.JPG

 どうぞお早めにご予約ください♪

CU

2011年9月15日

ジャズ・クラリネットの異才、滝川雅弘、10月1日(土)に!

takigawa_masahiro_large.jpg
 十五夜の月は欠けて来ましたが、残暑はまだ続いていますね。いかがお過ごしですか?

 OverSeasは秋に向って色んなイベントを企画しています。第一弾は、冴え冴えとした音色と、精緻なテクニックで「西に滝川あり」と賞賛されるクラリネットの名手、滝川雅弘さんと寺井尚之の共演ライブ!なんと25年ぶりです!

 滝川さんとの出会いは今でも忘れません!OverSeasでライブ演奏中、うつむいてゴソゴソしているシャイな感じのお客さまが・・・なにしてるのかしら??と眺めていたら、瞬く間にクラリネットを組み立ててバンドスタンドにまっしぐら、きれいな音でソロを取り始めたのが滝川さんでした。

 クラリネットといえば、デキシーかスイングが相場ですが、滝川さんはもっとモダンなスタイルで、ジャズ街道まっしぐら!やがてメキメキ頭角を現し、ジャズ大賞をもらったり、ジーン・ディノヴィ(p)や、尊敬するバディ・デフランコとも共演を果たし、数々のCDをリリースしています。

 昨年は上海万博日本館でも、冴え冴えした音色を響かせて、好評を博しました。

 大阪在住の人気SF作家、堀晃さんも大の滝川ファン、応援HPを作るほどの惚れこみようです。

 今回のリユニオンを取り持ってくれたのは故西山満さんです。フェイスブックで、滝川さんの親分格の西山満さんと私のやり取りがきっかけで、滝川さんが訪ねて来てくださって、トントン拍子に寺井尚之との共演が決まったのです。何とも不思議なご縁です。

 クラリネットの異才、滝川雅弘と、寺井尚之(p)のリユニオン、どんなプレイになるのか、私も楽しみで仕方ありません。

 皆さん、ぜひお待ちしています!


takigawa_masa.jpg滝川雅弘(cl) カルテット
共演:寺井尚之(p)、宮本在浩(b)、今北有俊(ds)
10月1日(土)
7pm-/8pm-/9pm-
Live Charge ¥2,625

2011年9月 8日

頂上対決:トミー・フラナガンVSハンク・ジョーンズ Live in Marciac

liveinmarciac.jpg

 酷い台風が日本列島を襲った後の秋風はマイナー・ムード。

 9月10日(土)のジャズ講座は、トミー・フラナガンとハンク・ジョーンズの火花の散るように激しいライブ・セッション、『Live in Marciac』が登場します。

4147650906_1c30d09c46.jpg マルシアックは南仏の小さな村、フォアグラやワインの産地として有名でしたが、1977年に、ジャズのイベントを開催したのが大成功、以来"Jazz in Marciac"はバカンス・シーズンのお祭りとなり、現在では一年中定期的にコンサートを開催しています。

 左はこのアルバムが録音された'93年、第16回Jazz in Marciacのポスター。ジェリー・マリガンやチック・コリア、クリントン大統領のアイデアで結成されたベテラン・ジャズメンのバンド、"The Golden Men of Jazz"の名前も見えますね。ウィントン・マルサリスはこのフェスティバルのレギュラー格。今年の目玉はアーマッド・ジャマール(p)、それに日本の上原ひろみさん(p)も人気を博したようです。

 トミー・フラナガンもダイアナ夫人も南仏が大好き!友人のフランス人ピアニスト、マーシャル・ソラールが関係していたこともあり、'80年代は何度も出演し、同時開催するアマチュア・コンペの審査員も務めました。

tommy__flanagan.jpg

<An Evening with Two Pianists>

 この歴史的セッションが行われたのは、1993年8月12日、場所はJazz in Marciacの特設会場、"An Evening with Two Pianists:二人のピアニストの夕べ"と銘打ったコンサートでした。ハンク・ジョーンズはこのフェスティヴァルの間に仏政府から叙勲してマスコミにも大きく取り上げられました。

 

<マルシアック頂上決戦>

 二人は「端正なスタイルと美しいタッチのデトロイト派」として同じカテゴリーでくくられることが多いですが、ハンク・ジョーンズはフラナガンより12歳年上で早くからNYに進出していた。弟たち、エルヴィンやサド・ジョーンズとは親しかったけれど、デトロイト時代は殆ど面識がなく、主にレコードで聴いたアイドルの一人だったそうです。

 『Our Delight』('78)から『Jazz in Marciac』('93)まで、断続的にデュオ活動した二大巨匠ですが、プライドの高い二人を一緒にピアノの椅子に座らせるのは難しかったのではないでしょうか? 100Gold Fingersでも、何度か一緒に日本ツアーしているけど、この二人のデュオというのは一度も聴いたことがありません。(どこかの公演地でデュオをしたことがあったら教えてください。)

jacque_muyal-ts9.jpg それを実現したのはプロデューサーであるジャック・ミュヤールなのかも知れません。彼はフランス系スイス人で、先月の講座に登場した"Lady Be Good for Ella"のプロデュースもしています。ヨーロッパでは、ノーマン・グランツ主催のJATPの公演のプロモーターとして有名。上品な紳士であり、業界の酸いも甘いも噛み分けたやり手であるという噂です。
 左の写真は「Round Midnight Watch」のPR写真、セロニアス・モンクの子息、TSモンクと。

  コンサートはトミーとハンクがトリオでそれぞれ演奏した後、デュオ、デュオ+リズムという構成になっています。リズム・チームはドイツの名手、ハイン・ヴァン・デ・ゲイン(b)と米国のアイドリース・ムハマッド(ds)、この夜だけの共演というのが、演る方も聴く方もドキドキ!寺井尚之の解説と共に、ワン・ナイターのスリルを楽しんでくださいね!

 フラナガンの熱いプレイの後に登場するハンク・ジョーンズのMCは、この後の展開を予想させるものです。

hankPAR97085.jpg「みなさんは完璧なピアノ演奏をお聞きなりましたね。あんなものすごい演奏の後に、私は何をやってよいのか・・・もう弾くべき音がないという感じですが、まあ何か、残りものを探して演ってみようと思ってます。(笑)」

 先輩らしい温和な語り口とは裏腹にハンクさんの強烈な闘志が隠されているのをヒシヒシと感じます。

 最後の二人のピアノ・デュオは「楽しい和気藹々のセッション」なんかではありません。温厚な巨匠と言われる二人の凄まじい闘志のぶつかり合いです。ハリー・ポッターよりもっと凄い、総合格闘技なんてメじゃない!これはジャズの魔法対決と言ってよい位のド迫力です。品格溢れるピアノ・スタイルを汚すことない真剣勝負の美しいこと華麗なこと。南仏の町だからこれほどガチンコで出来たのかもしれません。Our DelightからRelaxin' at Camarilloまで、歴史に残る名勝負を寺井尚之が実況中継いたします。

ジャズ講座「トミー・フラナガンの足跡を辿る」
9月10日(土)6:30pm-
受講料:2,625yen
於:Jazz Club OverSeas

2011年9月 1日

関西JAZZの顔:西山満さんを悼む

 関西ジャズを代表するベーシスト、ジャズクラブSUBのオーナー、西山満さんが昨日未明逝去されました。心よりご冥福をお祈りします。

 最近はお酒も煙草も止められてすこぶるお元気と伺っていました。脳梗塞で緊急入院されたというニュースが飛び込んできたのが、つい一週間前のことです。始めたばかりのFace Bookで西山さんを見つけて、ご挨拶を交わした直後でした。

nishiyama_mitsuru.JPG

'89年、左から西山さん(b)寺井尚之(p)ミッキー・ロカー氏(ds)、OverSeasにて


 学生時代は客席でそのプレイを聴き、OverSeasでは、何度も寺井との共演を聴かせていただいた。西山さんのベースは熱くて黒く、強いパルスで、ひとたびツボにはまると、最高のビバップになりました。

 西山さんはプロモーターとして、アーティストを単身招聘するケースが多く、関西のミュージシャンに「共演」という宝を与えてくださった。上の写真は単身で来たミッキー・ロカー(ds)と西山さんに、末宗俊郎(g)を加えてライブした時のもの、寺井はミッキーさんに「お前はバッパーや!」と言われたことを今でも誇りにしている。私がInterludeを始めた頃に書いたビリー・ハーパー(ts)達のエピソードも西山さんからもたらされた忘れがたい思い出です。

 西山さんは、米国のジャズメン達にはNISHIという名前で愛されました。レイ・ブラウン(b)、ソニー・ロリンズ(ts)、クインシー・ジョーンズ、アート・ブレイキー(ds)...NISHIとSUBを愛した巨匠の名前を挙げるうちに日が暮れてしまいます。若手ジャズメンは初めて大阪に来たらNISHIに挨拶に行くのが不文律。フランクでフレンドリー、少しエキセントリックだけどナイーブなお人柄、4文字英語力は、ラッパーなんか足元にも及ばない、日本では右に出るものなし!黒人同士でしか使わない言葉遣いを駆使し、あっという間に「ブラザー」のコミュニュケーションを作り上げる天才。国内でも同様に、圧倒的なカリスマ性で自治体にジャズの意義を納得させ大イベントを数多くプロモートされました。

 大先輩でありながら、寺井尚之をいつも「さん」付けでリスペクトしてくださったけど、怒るとコワかった。西山さんが師と仰ぐレイ・ブラウン(b)オールスターズ(スタンレイ・タレンタイン、ジーン・ハリス、ミッキー・ロカー)のコンサートを聴きに行った時のこと。寺井と早くから前売りで一等席を買って陣取っていたのですが、予想外に席が埋まっていなかった。開演前に西山さんがステージにツカツカと出て来て、客席に向って怒りを爆発された。

 「こんな偉い人のコンサートやのに、客こんだけか!!!ええ加減にせい!何や思とんねん!!」そして寺井を発見し「おう!あんたか!!」って手を揚げられたので、思わず「すみません。」って...。納得できない事物にはBlow Up! 怒れる西山さんはチャーリー・ミンガスみたいだった。

 やがて、ロマンスグレーで上品な紳士の風貌になられたけれど、「ゆとり教育」時代に、「音楽は一生かかって学び取るもんや」と、若手に厳しく指導できる数少ない先生であり続けた。業界人やクラブオーナーである前にミュージシャン、心の底からビバップ、ひいてはジャズを愛した方だったと思います。

 今朝SUBにお別れに伺った時、棺の中にパノニカ男爵夫人の「Three Wishes」がそっと置かれていました。ジャズを愛して人生をビバップのように疾走した西山さんの「三つの願い」は何だったのでしょう?こんなとき、西山さんだったら何とおっしゃったろう?

 最後に西山さんのブログから、ジャズについての名言を。

 ジャズ音楽は礼に始まり礼に終わる。偉大なジャズ音楽家は自分に対する礼儀、 他に対する礼儀、全て心得ておりその上で厳しい自己練磨を課す。

 だから聴く人の心を打つんです。いい加減な気持ちでやる音楽はジャズと言いません。

 西山さん、どうぞ安らかに。本当にお世話になりました。

 SO MANY THANKS、 GOD BLESS NISHI!!!