2011年9月29日

ジョージ・ムラーツが愛用ベースをお譲りします。

 ひどい嵐が続いた9月の空気も透明感が増したように感じます。郊外にある実家の庭掃除をしていたら、バッタや、日ごろ見かけない小鳥たちの不思議な鳴き声に出会い、小さい秋を見つけました。

george61.jpg

<ジョージ・ムラーツの"あの"サウンドを目指すミュージシャンたちに朗報!>

 恒例ヨーロッパ・ツアーの後、しばらくのんびりしている我らがアニキ、ジョージ・ムラーツより、ヨーロッパで演奏するためにチェコにキープしている愛器を大事に使ってくださる方にお譲りしたいそうです。

 ジョージ・ムラーツ:「自分が見つけた良いベースを眠らせるより、素晴らしい国、日本のファンの人で買ってくれる人がいるなら是非使ってもらいたい!」

 このベースはドイツ製のオールド、フランスの名工パトリック・シャルトンが、折りたたみ出来る特注のトラベルベースを作ってからは、出番があまりなくなってしまった逸品です。

 レコーディングでは、チェコの名ピアニスト、ナイポンクのアルバム『Night Lights』で演奏しています。(下の写真参照。)

mraz_Najponk.jpeg

 ムラーツのパーソナル・アシスタント、石川翔太(しょうたん)君による楽器の説明は下記の通り。「ドイツ製の状態のいいオールドの3/4サイズ。基本は、彼がチェコに帰郷した際でのEmil Viclickyとのコンサート・ツアー、そしてヨーロッパでの各地ツアーで使用していた物です。サブとはいえ、彼のヨーロッパでのメインベースです。 」とのこと。

 気になるお値段は、日本円で250万円だそうです。お支払いは電子送金。別途、為替&送金手数料・チェコからの送料等が必要です。

 買ってくださった方には、次回ムラーツが来日時にお目にかかってお礼を申し上げ、ご希望でしたら、喜んでベースなどにサインをさせていただくそうです。

 このベースに関する詳しいお問い合わせは、アシスタントの石川翔太君までどうぞ。メールアドレスjazzcomposerslink@shotaishikawa.comまでお願いします。

 では良いお買い物を!

CU

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/386

コメントする