2012年3月15日

4/7(土) 東海のバディ・リッチ 林宏樹(ds)トリオ!

 東大寺のお水取りが終わると関西に春が来る!とはいえ、地震多発で、なかなかウキウキできません。皆様、いかがお過ごしですか?

 3月17日(土)は、トミー・フラナガン生誕を記念して、第20回目のトリビュート・コンサート開催します。チケットはお求めになりましたか?今回もCDを作りますので、OverSeasまでお申し込みください!今月はトリビュートの後も「トミー・フラナガン3の秘蔵音源公開イベント」、「フラナガニアトリオ・リユニオン」など、関連イベントを行いますので、ぜひお立ち寄りください。

 先日、渋い中年の紳士がおひとりでお越しになりました。ライブの休憩時間にお話を伺うと、約30年前の学生時代に、トミー・フラナガンが好きだったので、OverSeasに来られたことがあるそうです。その時、「僕のような若造は似合わない落ち着いた店だ。50になったらまた来よう!」と決意、50歳になったので、その決意をしっかり実行されたとか。「いやあ、楽しかったです。また来よう!」ですって!自分が年寄りの中古女になったのを実感しましたが、学生時代のことをずっと覚えていてくださってとても嬉しかったです。・・・とにかく店があってよかった!

 その紳士は、卒業してから仕事一筋だったけど、これからは音楽や芝居を楽しむ人生に方向転換するんだと、おっしゃっていました。寺井尚之の学生時代の音楽仲間たちも、子供さんが成人され、クローゼットに仕い込んでいた愛用楽器をチューン・アップして練習を始めたという話をよく聞きますし、寺井尚之ジャズピアノ教室も社会人バンドで活動するミュージシャンの入門が多いです。

hayashi_hiroki_solo.JPG
 英語では、ミュージシャンの昼間の仕事を" day gig" なんて言いますが、昼も夜もgigをこなして○十年、昼は会社のエラいさんとして時には中国まで駆け回り、夜は実力派ドラマーとして、三重県を本拠に全国で演奏を続けるアマチュア・ミュージシャンのヒーローがいます!「東海のバディ・リッチ」と謳われる林宏樹さんです。

 髪は白いけど、心は少年みたいに無垢で明るい林さんは、私の母校でもある、大阪府立泉陽高校、関西大学が誇りとする大先輩。とにかくドラムのテクニックが凄い!だからハイパワーのドラムソロのキレが良くて、ちっともうるさくないんです。林宏樹のプレイに鼓舞されて、最近ジャズ・ライフを再開した先輩方も!

 来る4月7日(土)、林宏樹(ds) OverSeasに出演!共演は盟友、寺井尚之(p)と、林先輩お気に入りベーシストの宮本在浩(b)です。

 今回は林トリオに、サプライズな仲間たちも参加予定。熟年のオーラとパワーに元気もらえますよ!

 ぜひ一度、ハイテク&ハイパワー・ドラマー、林宏樹(ds)を聴きに来てください!

4月7日(土) 林宏樹(ds)トリオ!
寺井尚之(p)
宮本在浩(b)

Music: 7pm-/8pm-/9pm- (入替なし)
ライブ・チャージ:¥2,625(要予約)

 では、トリビュート・コンサートでCU!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/419

コメントする