2012年6月28日

トミー・フラナガンとベニー・ウォレス

bennie_wallace.jpg

  毎月第二土曜日に開催している「トミー・フラナガンの足跡を辿る」も、いよいよ終盤、5月と6月に登場したテナーサックス奏者、ベニー・ウォレスのワン・ホーン・アルバム、『Bennie Wallace』('98)がとても印象に残りました。フラナガン68才、この時期、トミー・フラナガンをゲストに迎えて録音したアルバムには、どれも「尊敬するトミーと共演できて良かった。」というリーダーのコメントが出るのですが、それが、どのくらいの「尊敬」なのかは千差万別。「ジャイアント馬場を尊敬してる。」と言っても、私と寺井尚之では、言葉の深さも、必殺技の理解も雲泥の差。でも『Bennie Wallace』を聴いていると、「この人、フラナガンのことが好きなんだ...」ということがヒシヒシと伝わって来て、気持ちが洗われます。

  ベニー・ウォレスは、この作品の18年前にも、『Free Will』でも、フラナガンと共演していますが、その時は、ソニー・ロリンズとジョン・コルトレーンとアーチ―・シェップを足して三で割ったような印象だし、山下洋輔(p)さんとの共演盤など、アヴァンギャルドなイメージが強いですね。でも、フラナガン夫妻が口をそろえて「あの子は良い子だ。」と誉めていたし、興味をそそられて、フラナガンへの想いを直接質問してみました。

artists_bennie_wallace_9720.jpg ベニー・ウォレスは1946年生まれ、南部のテネシー州出身、中学時代からジャズが大好き、白人には危険区域と言われる黒人地区のクラブに入り浸り、セッションを重ね、黒人のミュージシャンたちに可愛がられたというのは、ペッパー・アダムスと似ています。大学入学前にすでにプロとして活動。テネシー州立大卒業後はNYでモンティ・アレキサンダーなどと共演。エリック・ドルフィーやオーネット・コールマン以来の逸材と絶賛されました。

 80年代から、映画音楽に携わり、ポール・ニューマン主演の『Blaze』、『ハード・プレイ』、その他多くのTVドラマなど、数々の音楽を担当。『ハード・プレイ』では、トミー・フラナガンとアレサ・フランクリンのコラボを実現し、短編作品、『Little Surprize』ではオスカーにノミネートされるなど非凡なキャリアを築きます。

 ウォレスさんは、映画音楽とジャズの仕事の二足のわらじがディレンマどころか、相乗効果をもたらすという幸運な人。昔懐かしいアニメ、ベティさんこと"Betty Boop"のリメイクで一緒に仕事をしたジミー・ロウルズ(p)から、多くを学んだそうです。それ以来演奏解釈が一変。ひたすら歌詞を覚え、歌う作業を繰り返してからテナーで演奏するようになったと言います。フラナガンの真価を掴んだきっかけは、ロウルズだったのかもしれません。

 フラナガンのどんな所が好きなのか? それは、ピアノのタッチ、そしてハーモニーのセンスだと彼は言います。このアルバムではフラナガンが愛して止まなかったエリントン―ストレイホーン作品が何曲か収録されていますが、それについて大変興味深い意見をメールしてくれました。

「トミーは私のヒーローであり師であり、大好きなピアニストです。多くを学び、ライブに感動し、今もレコードを愛聴しています。
 彼は完璧な伴奏者ですが、勿論、それ以上の人です。例えばトミーの"Sunset And The Mockingbird"と、エリントン楽団の演奏を聴き比べてみてください。エリントンですら創造し得なかったハーモニーを実現していますよね。」

「録音前に、"Prelude To A Kiss"(エリントン作) のコード進行を打ち合わせるためにトミーのアパートに行ったときのことです。彼は、むかし自分がエリントン楽団でこの曲を聴いたという話をしてくれました。サビのメロディの各音に、それぞれ違うクロマチック・コードが付いて演奏されていたのだそうです。トミーは感動して、家に帰ると、すぐさまピアノに向かって、そのサウンドを思い出しながら、辿って行ったんだと言うんです。その話をしながら、実際にハーモニーの変化を弾いてみせてくれました!

  音楽的記憶を再生するプロセスは、単なるレコードのコピーより、はるかにクリエイティブな行為なんだと、僕は感動しました。

 トミーはエリントンのアイデアに、自分自身の創意工夫を重ね、更にすごい音楽を構築した。僕はその姿を目の当たりにしたのです。

  それから、ダイアナが現れ一曲トミーの伴奏で歌ってくれました。彼女はすごく上手だった!」

 何食わぬ顔でピアノを弾いているトミーと、奇跡を観た少年のように、目をまん丸にして、茫然とするウォレスさん、NYアッパー・ウエストサイドのピアノ・ルームの情景が目に浮かびます。寺井尚之も私も、同じように、フラナガンのアンビリーバブルな創造行為を何度か目のあたりにしていますから、とても共感が持てました。

White_men_cant_jump.jpg 映画音楽家としてのウォレスさんは、トミー・フラナガンとソウルの女王、アレサ・フランクリンの共演を実現させた功労者です。彼を映画界に引っ張ったロン・シェルトン監督作品、『ハードプレイ(White Men Can't Jump) 』は、、ストリートバスケットを通じて、人種の軋轢や男のロマンを描く快作です。その劇中歌として、"If I Lose (もしも私が負けたなら)"というきれいなバラードを作詞作曲、編曲、この1曲のためだけに、フラナガンをラガーディアから飛行機に乗せ、デトロイトのスタジオで録音、グラディ・テイト(ds)やウォレス自身もテナーで参加し、何時間もかけて録音したそうです。

aretha-franklin.jpgアレサ・フランクリンはデトロイト出身、なんと高校までフラナガンと同じノーザン・ハイスクール出身で、この後、NYのカフェ・カーライルで共演したそうです。聴きたかった!

 なお、このコラボは、8月の「トミー・フラナガンの足跡を辿る」に登場する予定。

 他にも色々と、フラナガンへの想いを何通かのメールに分けて教えてくださったウォレスさん、現在はコネチカット在住、現地の非営利ジャズ組織の音楽監督としてジャズフェスティバルや教育プログラムなどに関っているようです。My同志、Mr. Wallace、来日することがあれば、ぜひOverSeasで寺井尚之と一緒に演奏してくださいね!

CU

2012年6月21日

7月のDVD講座

 今年の梅雨は、シトシトピタパタとはいきませんね。台風が来たり、野球は面白くないしToo Bad. そんな時はスカっとスイングして元気になりましょう!

 ご好評いただいているDVD講座、7月の予定をお知らせいたします。

 ①7/6 (Fri) 7pm- "PIANO LEGENDS" (ピアノ・レジェンド)  
pianolegends.jpg

 好評につき、DVD講座、ウィークエンドに開催!「ピアノ・レジェンド」では、トミー・フラナガン、アート・テイタム、バド・パウエルら、総勢20数名のピアノの巨匠たちの貴重な映像を鑑賞しながら、時代とともに移り変わる、ジャズ・ピアノ奏法を、ピアノを弾かない方にも、ピアニストたちにも、楽しく判りやすく解説!

 トミー・フラナガンの懐かしい名演も観れますよ!

【日時】 7/6(金) 7pm- 9pm 【参加料】 2,625yen

 ②7/8 (Sun) 正午~2pm "Art Blakey & Jazz Messengers" (アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ)  
bu8.jpg

 私の大好きなBuことアート・ブレイキーがDVD講座初登場!嬉しいですね!
 今回は、1958年の映像で、フロントにLee Morgan (tp)とBenny Golson (ts), リズム・セクションが、Art Blakey (ds), Jymie Merritt (b), Bobby Timmons (p) という強力な布陣。

 ベニー・ゴルソンは、ジャッキー・マクリーンが病気になって、たった一週間のエキストラを引き受けたのがきっかけで、そのまま入団し、メンバーをリストラし、音楽監督だけでなくユニフォームまで決めるディレクターとしてメッセンジャーズを改革しました。

morgan_golson.jpg この映像は、その当時のもので、ブレイキー以外のメンバーは全てゴルソンが同郷のフィラデルフィア出身の実力者を集め、ビシっとしたアンサンブルと超弩級のソロが堪能できます!ブレイキーだけが、唯一のピッツバーグ出身者なので、最初不安がったそうですが、「フィラデルフィアもピッツバーグもペンシルヴァニア州なんだから」ということでまとまったのでした。

 ゴルソンはブレイキーのドラミングについてこのように語っています。

 「Bu(ブレイキーのニックネーム)は、僕が共演したうちで最高のドラマーだ!ピアノではソフト・タッチということが言われるが、彼のドラムは正しくソフトタッチで、だからこそ、あんなにすごいダイナミクスが生まれるんだ。」

 一般的にハードバップとは、「アンサンブルより個人の即興演奏を重視する音楽」と定義されているそうです。でも、彼らのプレイを観て聴くと、この定義の真偽が実感できると思います!

 夭折の天才トランペット奏者、リー・モーガンのプレイはボクシングのチャンプのように凄いし、ボビー・ティモンズのピアノは、フォームも指使いも想像以上にエレガントです。

 百聞は一見にしかず!日曜日のお昼から!どうぞご一緒に楽しみましょう!

【日時】 7/8(日)正午~2pm 【参加料】 2,625yen

CU

2012年6月14日

日曜日に絶好調のトミー・フラナガン・トリオを観よう!

 大阪の街、今日は汗ばむ陽気です。皆様、いかがお過ごしですか?

 来る6/17(日) 正午より、「映像で辿るジャズの巨人達」開催!

tommy_flanagan_img0038.jpg

 絶好調のトミー・フラナガン・トリオ!本邦初公開の映像を鑑賞、解説いたします!

 時は1991年、トミー・フラナガンの心技体、絶好調!NYで最もお客の呼べるピアニストというだけでなく、"ダウンビート""ジャズタイムズ"など、米国のジャズメディアの人気投票、批評家投票を総なめにしました。それは、生涯フリーランスで、レコード会社やエージェントと専属契約をしないアーティストとしては例外中の例外です。

 公演地はスイス、ベルン・ジャズフェスティバル、名コンビ、ジョージ・ムラーツ(b)、ドラムスはスイス在住、ヨーロッパでのレギュラー、アルヴィン・クイーンという最強の布陣です。

 映像を提供下さったのは「トミー・フラナガンの足跡を辿る」でおなじみのジャズ評論家、後藤誠先生、この上なく貴重な映像、ありがとうございました!そのうちのごく一部だけYoutubeにありました。

alvin_queen_01_milano2009.jpg アルヴィン・クイーン(ds)は、ここ2か月間「足跡」講座に登場中、やっと動画をお見せできて嬉しいですが、簡単に経歴を説明しておきます。Alvin Queenは1950年NYブロンクス生まれ。わずか11歳でプロデビューしました。裕福でなく習い事をする余裕はなかったのですが、ドラムの教師がアルヴィンの才能に惚れ込み、殆ど無償でドラムを教えたといいます。子供の時から街頭で靴磨きをして働いた苦労人。でも靴磨きのおかげで、セロニアス・モンクやアート・ブレイキーと知り合うことが出来て、色々助けてもらったそうです。

coltrane_birdland.jpg 13歳の時、エルヴィン・ジョーンズの招待でジョン・コルトレーンの黄金カルテットを聴き、大きな衝撃を受けます。コルトレーンの『Live at Birdland』にはアルヴィン少年の拍手が録音されているのだそうです。その容貌と才能から、彼とエルヴィンの血縁を囁く人も少なくありませんが、真相は判りません。とにかく彼のHPにはエルヴィンとのツーショットが掲げられていて、エルヴィン・ジョーンズが音楽的な父親であることには間違いありません。

 '69年、19才の若さでホレス・シルヴァー(p)のレギュラー・ドラマ―になり、その後ジョージ・ベンソン(g)など一流グループで活躍します。でも'70年代はジャズにとって苦難の時代、生活のためにコマーシャルな仕事をしなければならない状況にストレスを感じ、'79年にスイスに移住し、Alvinのスペルを入れ替えたNilvaという自己レーベルを立ち上げて、ミュージシャンだけでなくプロデューサーとしても幅広く活躍。現在はNYとヨーロッパを行き来しながら活動中。

 私たちとアルヴィン・クイーンとの出会いは、ロニー・マシューズ(p)のアルバム、『So Sorry,Please 』('85)がきっかけです。バド・パウエルの名曲をタイトル・チューンにしている秀作でした。LPジャケットにスイスの住所が書いてあったので、ファンレターを送ったら、達筆のメッセージを書き込んだ大きなポスターが返送されて来てびっくり! ポスターは現在もOverSeasに飾っています。大物の風格に溢れるアルヴィン・クイーンのプレイ、ぜひご期待ください。

 そして、お馴染み、ジョージ・ムラーツの端正な容姿と、それ以上にラインとパルスを併せ持つプレイに惚れ惚れしますよ!ところで、ムラーツアニキは、かねてから交際していたカミラさんと先週挙式したばかり。どこかでアニキに出会ったら、「おめでとう!」と言ってあげてくださいね。



<Tommy Flanagan Trio in Bern Switzweland, 1991>
プログラム

1. Mister P.C.
2. They Say It's Spring
3. Our Delight
4. 'Round Midnight
5. Interview
6. Epistrophy
7. Some Other Spring
8. Raincheck
9. Tin Tin Deo

「映像で辿るジャズの巨人達」日曜のお昼のひとときを、ぜひご一緒に!
6/17(日) 正午~ 受講料 ¥2,625

2012年6月 7日

6/6 寺井尚之 還暦祝いに感激!

 昨日は、寺井尚之(p)の誕生日!なんと還暦です!

kanP1050041.jpg

 ウィークデーにも拘らず、寺井尚之ジャズピアノ教室の生徒さん達や、常連様が沢山駆けつけてくださいました。 HPでバースデーを知った三重県のお嬢さんが、可愛いお花を一輪手にして、初めてご来店!それに久しぶりのお客様も数多く来てくださいました。その中には、ピアノから木工細工に転向し、アトリエに籠っていた橋本元生徒会長の姿も!

 当夜のライブは鷲見和広さんとのエコーズ!演奏は饒舌でも、日ごろ無口な鷲見さんが突然MC役を買って出て、お客様に「Happy Birthdayを一緒に歌いましょう!」と、ベースで絶妙なイントロを出して、ジャズクラブらしく、テンポとノリを変えながら2コーラスの天使の歌声!

 鷲見さん、みなさん、どうもありがとうございました!

kan579391_322540987828591_1067284905_n.jpg この日のおすすめ料理は、名付けて「還暦プレート」!お客様も末永く健康で、OverSeasをご愛顧頂けるように、塩麹チキン、有機野菜、お赤飯など体に良いものばかり盛り合わせました。中でも一番の目玉は、輝くグリーン・アスパラ!

 OverSeasではおなじみ、摩周湖の川湯温泉ジャック・フロスト氏からの贈り物!大阪ではめったに味わえない瑞々しい香りと味わい!フロストさま、いつもありがとうございます!

 寺井尚之プロ生活40周年、還暦のお祝い、近くから遠くから、お子心の籠ったメッセージやプレゼント、いろいろありがとうございました!寺井に成り代わりまして、この場を借りてお礼申し上げます。

 還暦と言えども、バッパー寺井尚之の理想は高い!これからも精進を続けますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

kanP1050051.jpg

CU