2012年7月26日

南十字星の国から

 天神祭も終わり、大阪の街は本格的な夏休みモード。

suvenir69.jpg

 昨日から、長年、寺井尚之のCDを愛聴し、ゴールド・コーストのFM局で流してくださっているフィオナさんが休暇を取って遠路はるばる南半球からライブを聴きに来阪中。今日は、ミナミの街へと、ミニミニ大阪ツアーに行って来ました。

 ご両親は英国人、UKの従兄弟たちもジャズ・ソサエティを主宰しているというロイヤル・ジャズ・ファミリー!何のPRもしないのに、フラナガニアのCDをどこかで聴いて、いっぺんにファンになってくださったというから、ありがたいです!

 今回、フィオナさんが日本で一番買いたいものは、意外にもタオルケット!オーストラリアには、こんな気持ち良い寝具は入手できないというので、デパートでゆったりお買いもの。店員さんのサービスの良さに驚いてました。大丸百貨店さんありがとう!

 そして第二希望はユニクロ・ツアー!開店と同時に入店して、約一時間、時さえ忘れて、あれもこれもとお買いもの、ふと周囲を見回すと、アジア系の旅行者のお客さん観光客さんばかり・Jazz Club OverSeasのライブ・スケジュール配ればよかったなあ・・・大阪知らずのへっぽこガイドであります。

fionaP1050166.jpg 丁度ランチ・タイムになったので、心斎橋を南下し、かに道楽を横目で観ながら、法善寺横丁の浪速割烹で、大阪の地野菜を使った日本料理に舌鼓。カウンター席なので、皆が大吟醸を悠然と飲み干す彼女に、色々フレンドリーに話しかけてくださって、いかにも大阪やね~って感じでした。

 明日から、坂田慶治(b)とのデュオ、メインステム・トリオ、宮本在浩(b)との火曜日名物デュオなど、寺井尚之のピアノで心行くまで楽しんで頂く予定。ここは、ひとつ盛り上がりたいものです。Jazz Club OverSeasのためにも、寺井尚之のためにも、どうぞ、ここはひとつライブにお越しくださいますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

CU

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/438

コメント(1)

ご無沙汰しています。いつも楽しみに拝読しています。オーストラリアといえば実家の近くのお寿司屋さんのご主人からオーストラリアのCDをもらた事がありました。stay right with itというCDで50-21とかを演奏しています。brendan clark,andrew dickeson,john harkinsという人たちのようです。誰なんでしょう?では、また。

コメントする