2013年3月28日

第22回トミー・フラナガン・トリビュートCDが出来ました。

22ndtribute_cd.JPG

 3月ももう終わり、東京のお客様たちから満開の桜の写真が届きますが、大阪のソメイヨシノは五分咲きといったところです。

 さて、先日のトミー・フラナガン・トリビュート・コンサートのCD(3枚組)が出来上がりました。 

 演奏を盛り上げて下さった拍手や掛け声、曲にまつわるフラナガンのエピソードを語る寺井尚之のMCなど、Jazz Club OverSeasならでは、トリビュートならではの楽しい雰囲気が味わえます。

 トミー・フラナガンのオリジナル曲もそれぞれに精彩を放っていたし、寺井尚之がNYの春に聴いたスプリングソングの感動が、色褪せることなく、お伝えできたように思えます。特に"A Sleepin' Bee"の独特の「温もり」感が印象的でした。

 実は第一部のTin Tin Deo" の演奏中に、寺井尚之の指が内出血するという大アクシデントがありました!今回の演奏が、良い出来になったのは、「それにもかかわらず」なのか、「それだから」なのかは判りません。The Mainstem、宮本在浩(b)と菅一平(ds)が頑張ってくれたし、お客様の応援が、なんといっても大きな力になりました!トミー・フラナガンも応援してくれたのかな?

 トリビュートCD、お申込みはOverSeasまで。すでにご予約くださっている常連様は、ご来店の際にお渡しいたします。

burotriP1060057.JPG

 

【収録曲】

<第一部>

1. The Con Man (Dizzy Reece)
2. Beyond the Bluebird (Tommy Flanagan)
3. Minor Mishap (Tommy Flanagan)
4. メドレー: Embraceable You (Ira& George Gershwin)
~Quasimodo (Charlie Parker)

5. Sunset & the Mocking Bird (Duke Ellington)

6. Rachel's Rondo (Tommy Flanagan)
7. Dalarna (Tommy Flanagan)
8. Tin Tin Deo (Chano Pozo,Gill Fuller,Dizzy Gillespie)


<第二部>

1. That Tired Routine Called Love (Matt Dennis)
2. They Say It's Spring (Marty Clark/Bob Haymes)

3. A Sleepin' Bee (Harold Arlen)

4. Eclypso (Tommy Flanagan)

5. Spring Is Here ( Richard Rodgers)

6. Mean Streets (Tommy Flanagan)
7. But Beautiful (Jimmy Van Heusen)
8. Our Delight (Tadd Dameron)


<Encore>

With Malice Towards None (Tom McIntosh)

メドレー Ellingtonia
 Chelsea Bridge (Billy Strayhorn)

 ~Passion Flower (Billy Strayhorn)

~Black and Tan Fantasy (Duke Ellington)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/642

コメントする