2013年9月26日

9/28(土):寺井尚之The Mainstem、音楽のおしながき

moonlight.jpg

 残暑厳しい9月も終盤、今年の月は美しかったですね!夜明けにマンションのベランダに出ると、東に朝日が上り、西に十六夜(いざよい)の月が沈む神秘的な光景を観ました。その月の大きく白く美しかったこと!別世界のようでした。

 さて、土曜日は寺井尚之のイチオシ・レギュラー・トリオ、"The Mainstem"が出演します。
久しぶりに予定の曲目を教えてもらったので掲載!

<1st Set>

  1. Bitty Ditty (Thad Jones) ビッティ・ディッティ
  2. Out of the Past (Benny Golson) アウト・オブ・ザ・パスト
  3. Strictly Confidential (Bud Powell ) ストリクトリー・コンフィデンシャル
  4. Lament (J,J,Johnson)  ラメント
  5. Minor Mishap (Tommy Flanagan)マイナー・ミスハップ
dalarna_jacket.jpg
1st Setはサド・ジョーンズで始まりトミー・フラナガンで締めるデトロイト・ハードバップの王道です!

 1, 3, 4は、寺井尚之のアルバム"Dalarna" ('95) の収録曲。このアルバムも9月の末にレコーディングしたもので、秋の日差しや空気にぴったりな感じがします。







<2nd>
  1. Moon and Sand (Alec Wilder) ムーン&サンドPaper Moon 2.jpg
  2. Moonray ムーン・レイ (Artie Shaw)
  3. It's Only a Paper Moon (Harold Arlen) ペーパー・ムーン
  4. Moonlight Becomes You ムーンライト・ビカムズ・ユー (Jimmy Van Heusen)
  5. Old Devil Moon オールド・デヴィル・ムーン (Barton Lane)
 2nd Setは、いろんな表情のお月様の名曲がいっぱい!
 1.は「変人」と言われることを厭わず、クラシックとポピュラーの両方で活躍した文人系作曲家アレック・ワイルダーの名作。夜の砂浜に輝く名月といった趣です、歌詞は対訳ノートに。
 2.はとても印象的なメロディ、トミー・フラナガン参加盤『Out of the Afternoon / Roy Hanes』のジョニー・グリフィン;ラサーン・ローランド・カークのプレイも心に残ります。冴え冴えしたピアノの音色とザイコウ、イッペイのハーモニーが映えるメインステムのヴァージョンは「美しきヴァンパイヤ」のイメージかな?
 3.は言わずと知れた名作、コニー・アイランドの遊園地の場面で歌われた初演ミュージカルは大コケでナット・キング・コールやエラ・フィッツジェラルドによってポピュラーになりました。作曲はハロルド・アーレン、作詞はE.Y.ハーバーグ。
 4.は寺井尚之のピアノ・タッチにぴったりの輝くバラード!"月光は君に似合うね" なんて言われたことありますか?
 クロージングは先週の対訳ノートに書いたデヴィルな月、3同様にJ.J.ジョンソン・スタイルでキレッキレッにスイングさせることでしょう。

<3rd>
  1. Autumn Serenade (Peter DeRose)~The Tadd Walk (Tadd Dameron) オータム・セレナーデからザ・タッド・ウォークへ...
  2. Lonely Town (Leonard Bernstein) ロンリー・タウン
  3. Beats Up (Tommy Flanagan) ビーツ・アップ
  4. Autumn in N.Y. (Vernon Duke) ニューヨークの秋
  5. Tin Tin Deo (Chano Pozo, Gill Fuller, Dizzy Gillespie) ティン・ティン・デオ
 
397px-Looking_towards_Fifth_Avenue_from_Central_Park_during_Autumn,_NYC.jpg
 ラストセットは、メインステムの秋景色、さりげない引用や挿入句は、もうすぐ終わる「あまちゃん」みたいに楽しくて奥深い。
爽やかな秋空から、夕焼けのセントラル・パーク、そして堺筋本町のちょっと寂しい秋の路地裏まで、いろんな秋の情景を!

寺井尚之メインステム・トリオ:宮本在浩 bass、菅一平drums
9月26日(土) 7pm-/ 8pm- / 9pm-
Live Charge 2,625yen (学割半額)です。
 おすすめ料理は、黒毛和牛の赤ワイン煮込 (税込)1,575円也
ぜひご来店お待ちしています!
 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/858

コメント(2)

Moon Rayを収録したRoy HaynesのOUT OF THE AFTERNOON
のサックスは Roland Kirkです。勘違い?それとも聴いていない?

イチゴショートさま、はじめまして。

じぇじぇじぇ・・・!誤字脱字、いつもすみません。単語登録して打ち間違えていました。
慎んで訂正いたしました。これを機会に、より注意いたします。今後ともどうぞよろしく!

ついでにライブも宜しくお願い申し上げます。

コメントする