2014年1月16日

対訳ノート(42) Blues for Dracula

先週の「新トミー・フラナガンの足跡を辿る」、チャラ男系の巨匠ドラマー、フィリー・ジョー・ジョーンズの『Blues for Dracula』(Riverside)で、大いに楽しみました。フィリー・ジョー自らブラッシュでパタパタパタとコウモリの羽音でイントロを奏でてから繰り出すドラキュラ伯爵のモノローグ。    ジョニー・グリフィン(ts)、ナット・アダレイ(cor)、ジュリアン・プリースター(tb)、ジミー・ギャリソン(b)、トミー・フラナガン(p)という申し分のないフィリー・ジョーのセクステット(訳詞にある「夜の子どもたち」)が奏でるこのブルーズはグリフィン作、本録音の4ヶ月前には"Purple Shades"というタイトルで、『Art Blakey's Jazz Messengers and Thelonious Monk』(Atlantic '58)に収録されています。  足跡講座では、まず構成表でプレイの組み立てを頭に入れておいて、レコードを聴きながら、下の対訳表をモノローグに沿って映写しました。  お時間があれば、下の音源と対訳表で、OverSeasの足跡講座の気分を、私と一緒に味わってみませんか?





44.Blues for Dracula_monologue.jpg   

  フィリー・ジョー・ジョーンズはこのレコーディング以前、2年間"Prestige"でハウス・ドラマーのような役割をしていました。オーナーのボブ・ワインストックに、「もういい加減自分のリーダー・アルバムを作ってくれ」と掛け合ったが、ワインストックは首を縦に振らなかった。「そんなら、うちで演らないか?」と声をかけたのが"Riverside"のオリン・キープニュース、初リーダー作録音の休憩中に、ふざけてやってたチャラ男のドラキュラ・ネタがあまりにも面白かったので、ブルーズに乗せて録音、『Blues for Dracula』がそのままアルバム・タイトルになったと言われています。  でも、このモノローグはとてもその場でやったとは思えないほど、しっかりした作りになっている。『ビバップ・ヴァンパイア』や『夜の子供たち』は、ヘロインの禁断症状に悩むバッパーだとすぐにわかるけど、そんなジャズメンを脅して生き血を吸うクラブ・オーナーこそが、「ほんとはコワいんだぞお~」というオチが最高です。  


view_from_within_the.jpg "Riverside"のプロデューサー、オリン・キープニュースはフィリー・ジョーや、このモノローグの本家、レニー・ブルースとベラ・ルゴシのドラキュラについて、面白いことを書いていました。 

 「レニー・ブルースのスタンダップ・コメディが、とりわけジャズ・メンに愛されたのは、彼らを取り巻く環境がよく似ていたからだ。5時に終わる仕事なら、それからカクテルでもすすりながらほっと一息つく場所はどこにでもある。だが、午前2時や4時に仕事が終わる人間にとって、仕事帰りにくつろげる場所は非常に限定されてしまうんだ。  彼らはオールナイトの映画館で朝まで過ごし、TVの深夜映画を観て、否が応でもB級映画に詳しくなってしまった。ベラ・ルゴシへの愛と理解は、正にレニーとフィリー・ジョーが共有するものだった。」

("The View from Within:Jazz Writings 1948-1987" Orrin Keepnews著/ Oxford University Press刊)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/978

コメント(2)

こんばんは

フィリー・ジョー・ジョーンズの「Blues For Dracula」ノート、たいへん愉快で面白く、微笑みながら読みました。

フィリーはもてたかわかりませんが、イケメンのドラマーは、かなりもてそうですね。それにしても、彼の死の真相が、ここにあるままだとすると本当に大往生かもしれません。ビル・エバンスと一緒に来日した時の公演で見ただけですが、彼の入っているアルバムが耳に馴染んでいたためか、親近感が湧いたステージでした。

azuminoさま、こんばんは!私も行きました!ビル・エバンス3、フィリーは出番まで、ビール片手に舞台の袖で足をブラブラさせていてゴキゲンでした。
このドラキュラ・ブルーズは、ケニー・ワシントンのフラナガン3時代、OverSeasで深夜、この物真似をやり始めたので(俺は巨匠のプレイはなんでもコピーしてるんだ!と自慢して)、特に思い出に残っています。
 マイルズ時代もいいですが、晩年のダメロニアが一番好きかも・・・足跡講座では、こんなことやって楽しんでいます。
 笑ってもらって光栄です!ありがとうございました。

コメントする