2014年9月15日

寺井門下、きんちゃんのベニー・ゴルソン・ライブ・レポート

00_RQT_0251.JPG 関学ジャズ研の伝説的学生ピアニストで寺井門下、サー・ローランド・ハナの演目を大学時代ガンガン弾いていた金ちゃんは、OverSeas長年のお客様ならどなたもご存知の好青年!現在は東京で敏腕営業マンですが、当ブログの「軍師ゴルソン」に興味を覚え、先日東京ブルーノートに出演したTHE QUARTET LEGEND featuring KENNY BARRON, RON CARTER, BENNY GOLSON & LENNY WHITEに行ったよ!とライブ・レポートを送ってきてくれました。

 さすがは寺井門下生、なかなか面白いレポートで私も一緒に聴きに行きたかった!

ということで、本人の許しを得てここに転記させていただきます。

kin-chan.JPG<きんちゃんのライブ・レポート>

・・・先日のInterludeで軍師ゴルソンの功績を紹介されてましたが、
とてもタイムリーでこれは行かねばということで1st&2ndセット通しで楽しんできました。

1. Stablemates
2. Sonia Braga (featuring K.B.)
3. Someday, My prince Will Come (piano trio)
4. L's bop (featuring Lenny White)
5. You're My Sunshine (featuring Ron Carter)
6. Cut and Paste (R.Carter作のrhythm change)
7. Whisper Not
Encore. Blues March

 これが1stの演目でしたが、2ndはまさかの1stと全く同じ!!というオチ(笑)
さすがに2ndのアンコールでI'll Remember Cliffordが出てくるかと期待しましたが、そんな期待をよそに、Blues marchで大団円を迎えたのでした。
 でも、考えてみれば一晩に作曲者本人による1管でのBlues marchを2回も聞けることなんて有り難いなぁとの思いも湧いてきて、85歳を迎えてもゴキゲンに吹きまくるゴルソンの姿を見れて楽しかったです。

 1st&2nd共にほぼ満席で、客層も30代-70代の男女が幅広く駆けつけて大盛り上がりでした。
 (ゴルソンによる次曲のコールで湧き起こる拍手や、各プレーヤーのソロ後にすぐに起こる拍手は、オーバーシーズに匹敵していたと思います!!)

  そして何より、ゴルソンのステージでの立ち居振る舞いが見れたのはとても勉強になりました。
MCのうまさ、ソロ後のバンドメンバーを労う姿には、名バンマス、名マネージャーとしての風格が滲み出ていて、人望の厚さを如実にうかがえました。

 ゴルソンが完全に休んだのは、3と5。2はK.B.をイントロでフィーチャーしといてテーマから加わってました。

 3を始める前のMCでは、「客席のみんなには、マイルスや&コルトレーンの演奏が印象的だろうけども、
このステージにいるメンバーも負けちゃいないよ。聞かせてあげよう! でもワシ抜きのピアノトリオでね。」と言って笑わせてました。

それと、ブルースマーチのイントロではドラムのフィルに合わせて、客席に敬礼をして茶目っ気たっぷりでした。

 あの元気な姿を見てると来年も来日してくれないかなと期待しております。

ところで、オーバーシーズでは田井中さんを迎えられてのライブが凄かったようですね。ブログを読んだだけで、シビれました。無理やり大阪に仕事を作って見に行こうと試みたのですが叶いませんでした(泣)
目下、今度の西の横綱 アキラ・タナさんを迎えられてのライブに行けないか画策中です。

それと、銀太も元気な姿を見せたんですね。(銀太は在NYのベーシスト、田中裕太君、きんちゃんの後輩で、きんちゃん、ぎんちゃんコンビでした。)もう随分彼のプレーを聞いてないので、今どれだけ化けてるのかとても興味深いです。

 長くなりましたが、今年はまだ一度もそちらに顔を出せてないので、年末までになんとか伺いたいです。
季節の変わり目でも何があってもバッパーは体を壊さないでしょうから心配はしておりませんが、お体ご自愛ください。

14.jpgきんちゃん、名レポートどうもありがとう!ご家族と一緒にまた遊びに来てね!寺井尚之ライブのレポートも今度来た時は頼みます!何よりも金ちゃんのプレイがまた聴きたいです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/1218

コメント(2)

わたくしの駄文を掲載いただきましてありがとうございました!
ですが、あの紹介文ちょっと盛り過ぎような気がしまして...(笑
伝説とは程遠いごくごく平凡なピアノ弾きでしたので、ハナさんの曲はバリバリどころか相当覚束なかった記憶が...

ともかく、また東京で面白いネタがありましたら報告いたします。
みなさん、お元気で!

きんちゃん、Interlude東京特派員デビューおめでとうございます!
譜面に「品格」と書き込んであったのだけでも非凡なレジェンドです。
またお目に書かれる日を楽しみにしています。
投稿お許しいただきありがとうございました。

コメントする