2014年10月23日

ジャズ批評「これがビバップだ」

 182.jpg
 隔月刊:ジャズ批評誌、最新号「これがビバップだ!」特集記事、アルバム100選のうち、5枚を紹介させてもらいました。「ジャズ批評」なんておこがましいですが、初めて雑誌用に書いた短文は、頂いた本を読み返すと、とってもゆるキャラになっていましたが、紹介したアルバム達は、長年聴いても飽きない人生の友ばかりです。

75253154_p.jpg img_0.jpg

$_35.JPG

mT1FdAqzEZCR8B3u_U_H8ow.jpg Various-Jazz-I-Remember-Bebop-523681.jpg

「ジャズ批評」によれば、巷でビバップ・ブームが再燃しているとか。ビバップを聴くならぜひ当店OverSeasにお越しください!


 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/1256

コメント(4)

こんばんは 

ジャズ批評の記事を読ませていただきました。いずれも、わかりやすい文章で、音楽やミュージシャンに対する愛情が感じられます。フィリー・ジョー・ジョーンズ・ダメロニアは、聴いてみたいので探してみます。

azuminoさま、いつもありがとうございます。「批評」なんて恥ずかしいく、初めての「100字以内」は読み直すとまた恥ずかしく・・・でもダメロニアを含め、こんなアルバムがあったのか!と思ってもらえれば、とても嬉しいです。またご指導どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 tamae さんこんにちは、書籍ありがとうございました.

 これを読んで、 Jazz の世界はとっても深いなぁ ・・・・・・・ と、しみじみ.
 この 100 枚のレビューはレビューアーの皆さんがかなり個性的で、面白いレビューしているところがいいですね.
 バップとハード・バップの違いもよくわからないボクにとっては、すべてが 「なるほど・・・・」 でした.
 100 文字で伝えたいことを伝えるってすごく大変ですよね.
 そう考えると、みなさんすごいなぁ.

 そう言えば、Billy Eckstine のアルバムですが、同じようなイラストジャケットで数十枚発売された時に、シリーズのほとんどを購入した記憶があります.
 もちろんアナログ盤で、このアルバムも持ってました.

 でもしっかり聴くことなくすべて処分.
 今だったらもう少しきちんと聴けたかもしれません (涙)

la_belle_epoque様、読んで頂き恐縮です。
 バップとハードバップ、米国では区別せずに考える場合もあるようですが、やはり色々な進化があり、そんなところをOverSeasの講座で寺井尚之が解説したりしています。
 今後共宜しくお願い申し上げます。

コメントする