2015年5月28日

映像で観る Tommy Flanagan Trio!

gm30.jpg ムラーツのHPより 左からTommy Flanagan, George Mraz (b), Bobby Durham (ds)

 来る6月6日、Jazz Club OverSeasでトミー・フラナガン・トリオの貴重映像鑑賞会、「楽しいジャズ講座」を開催します。


Village_Voice_ad.jpg メンバーはジョージ・ムラーツ(b)、ボビー・ダーハム(ds)、場所は独ケルンの名門ジャズクラブ《Subway》。

  ムラーツは長年のレギュラー・ベーシスト、ダーハムは'70年代、エラ・フィッツジェラルドのバンドで長らく共演、'75年には、共にエラと来日ツアーを行い、その雪の京都公演の際に、寺井尚之は初めてフラナガンに弟子入り志願を直訴したのでした。'80年代後半、フラナガンはダーハムを擁したトリオでたびたび演奏していて、Village Voiceの切り抜きは'89年の春のものです。


  ダーハムの凄いところは、ギラギラとダイナミックでありながら、緩急自在!合わせるところは寸分違わず狂わない、フィラデルフィアらしい不良っぽさ、そのかっこよさは黄金のミドル級チャンピオン!

そこに、パルスとラインを兼ね備え、優美でありながらも骨太で強靭なムラーツのベース、鮮やかなコントラストを構成するリズム・チームを縦横無尽に操るフラナガンの凄さ、そのミュージシャンシップ!まさに豪華絢爛、圧倒的なピアノ・トリオの世界を、この目で観ることが出来ます。

トリビュート・コンサートでしか聴けない『デューク・エリントン・メドレー(Elligntonia)』は必見、必聴!

=演奏曲目=

 1. Raincheck (Billy Strayhorn)

2. Glad To Be Unhappy (Richard Rodgers)

3. Beyond The Bluebird  (Tommy Flanagan )

4. Verdandi /.Mean Streets  (Tommy Flanagan )

5 .Medley: Ellingtonia 

6.Bitty Ditty (Thad Jones)

7. Tin Tin Deo (Chano Pozo, Dizzy Gillespie, Gill Fuller)

 

 折しも寺井尚之の誕生日、記念すべき映像をぜひJazz Club OverSeasでご一緒に!

「楽しいジャズ講座」トミー・フラナガン・トリオ 

講師:寺井尚之

日時:6/6 (土) 7pm開講 
受講料2000円(税別)
関連サイト:http://jazzclub-overseas.com/jazz__event.html

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/1434

コメントする