2016年12月24日

クリスマスの情景

15589767_1186415524779105_1009350921232622102_n.jpg

 家の宗派は臨済宗(ゆるく)、そのくせ通ってた幼稚園は日本キリスト教団、だから、大昔の私のクリスマスはキャンドル・サービスと讃美歌です。

 その頃、クリスマスに父が買ってきたシングル盤がこれ、Bing Crosbyの<White Christmas>、裏面が<Jingle Bell>。
 それを両親が座敷に出現した新品のモジュラー・ステレオで鳴らして、畳の上で手を取り合ってダンスしてた。それが何とも楽しそうで、私もよちよち歩きの弟と、見様見真似でダンスしたのが楽しくて楽しくて・・・

 ずっと後になって、父と母は進駐軍占領時代、ダンスホールとして使われていた海辺の浜寺の大きなお屋敷で出会い、大恋愛の末結ばれたと、「あんたのお父ちゃんは、お母ちゃん一筋や。何千人に一人おるか、おらんかのええ亭主やで。」と親戚のおばあちゃんから聞きました。

 だから私にとって「ホワイト・クリスマス」は楽しかった子供時代、一家団欒のシンボル。
 
 OverSeasで聴いていただく寺井トリオの<White Christmas>も、そんな幸せなひとときを皆さんにプレゼントできますように。
 
May your days be merry and bright, 
And may all your Christmases be white!
 
メリー・クリスマス!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/1836

コメント(2)

tamae さん、ご無沙汰しております。お元気そうで何よりです。

ご両親が畳の上でダンスとは粋ですね。見合い結婚が普通の時代に大恋愛というのもロマンがあります。
今年は日本ハム・ファイターズが日本一になり大変良い一年でした。来季は日本ハムで開花した糸井嘉男が阪神ですので、もしかしたら日本シリーズでぶつかるかも知れませんね。

良い年をお迎えください。

Dukeさま
今年は自分の病気や身内の不幸で大変ご無沙汰してしまい、すみません。
 タイガースも糸井だけで優勝するとは思えませんが、Dukeさまのブログと共に、来年は、しっかり応援する所存です。

 Dukeさまも、どうぞ良いお年をお迎え下さい!
 ありがとうございました。

コメントする