2017年4月25日

エラ・フィッツジェラルド生誕100年の日に

Ella.jpg 今日はエラ・フィッツジェラルド生誕百周年。

ブログにご無沙汰している私も、ミミズのようにノコノコ地上に出てきました。

 D3605b_lg.jpeg上の素敵な作品は、パブロ・ピカソによるエラ・フィッツジェラルドのポートレート。作品の下に「エラ・フィッツジェラルドへ-友ピカソより、'70 5/28」と献辞が書かれています。

 でもエラのマネージャー、大プロモーターだったノーマン・グランツの伝記によれば、ピカソとエラは一度も会ったことがなかった。

 この絵が描かれた頃、エラはトミー・フラナガン・トリオと共にヨーロッパ・ツphoto0jpg.jpgアーの真っ最中。その頃ピカソは御年89才、南仏アンティーブのお城をアトリエにしていた。(現在この街にはピカソ美術館があります。)ピカソの大ファン、大コレクターで自分のレコード会社に「パブロ」という名前までつけちゃったグランツは、ピカソ邸にしばしば昼食に招かれ、親交を深めたそうです。そのジュアン・レ・パンで、エラさん達のオフ日がありました。

 グランツは、自分の最高の芸術品であるエラさんを、偉大なるピカソに紹介するチャンス到来、あわよくばポートレートを描いてもらおう!とばかりに、エラさんをピカソ邸に連れて行こうとしました。

 並のセレブなら、雑誌記者に連絡して、おめかしをしてすっ飛んで行くところですが、エラさんはそうじゃなかった。"ファースト・レディ・オブ・ザ・ソング"は、権力や名声に媚を売ったりしなかった。とにかく「社交」が大嫌い。だから、グランツにこう言ったんだそうです。

 「ノーマン、今日は忙しいの。ストッキングのほころびや、他にも縫いものが色々あるの。だから、出かけられない。」

ella_85-ELLAFITZGERALD.jpg この話を聞いたパブロ・ピカソは大笑い、まだ見ぬエラを大いに気に入った。何しろピカソは、セレブ嫌い、権力者嫌いなことではエラに一歩も引けを取らない反骨のアーティストだったからだ。

 それでササっと描き上げたのが上のドローイング。後にジョー・パスとポール・スミス(p)3とのコンサート・ポスターに使われました。

 えっ!何故トミー・フラナガンとのコンサートじゃなかったのって?

 それは、トミー・フラナガンもまた権力者ノーマン・グランツにちっとも媚びへつらわない、反骨の人だったからです。それはまた別の機会に。

 私はエラが大好き、あの甘く優しい声、その中から時々現れるヒリヒリするような熱さ、貴婦人の様に完璧な発音に交じるベランメエの啖呵、底抜けに明るい青空から覗く深い深いインディゴ・ブルー...

 あなたがトミー・フラナガンを連れて'75年に来日しなければ、このブログも存在しませんでした。

 エラさん、お誕生日おめでとうございます!! 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://jazzclub-overseas.com/cgi-bin/mt/torakkubakku.cgi/1883

コメントする