繊細さとダイナミズムを兼ね備える実力派ドラマー、岡部潤也を擁し、パワーアップした寺井尚之トリオ。

MEMBERS


寺井 尚之(ピアノ) Hisayuki Terai
1952年6月6日大阪生まれ。4歳からクラシックピアノを始める。予備校生だった18歳の時、涼みに入ったジャズ喫茶でコルトレーンを聴いてジャズに転向。ほどなくたどり着いたトミー・フラナガンの演奏を聴いて師と仰ぎ、2001年11月にフラナガンが他界するまで交流を温める。
  '79年5月には大阪市東区(現在の中央区)にジャズクラブ「OverSeas(オーバーシーズ)」を開店。以来、この店を拠点に毎夜演奏活動を続けるとともに、後輩の育成にあたる。

 フラナガン直伝の“ソフト・タッチ”と呼ばれるピアノ・サウンドを求め、多くのピアノ・ファンがOverSeasをを訪れる。

リーダー作としては「Anatommy」('93年11月)、「Flanagania」('94年10月)、「Dalarna」('95年9月)、「FragrantTimes」('97年11月)、「Yours truly,」('01年11月)、「Echoes of OverSeas」('02年12月)を発表している。


宮本在浩(ベース)
Zaiko Miyamoto on bass
岡部潤也(ドラムス)
Junya Okabe on drums

 
1975年1月4日生まれ。
 
 OverSeasで修行間もない2002年、仕事中の事故で右手に大怪我をするが、強靭な意志で奇跡的にカムバック。家業は大阪が世界に誇る町工場、妻も子息も妹も音楽をたしなむ音楽一家。 
 メロデッィクなアプローチの繊細なプレイで、実力派ベーシストとして注目されている。

 
 サックス奏者を父に持ち、8才でピアノ・14才でドラムを始める。
河瀬勝彦、村上孝の両氏に師事。様々な音楽ジャンルを網羅する一方、ピアノトリオ的世界観を得意とし、2020年に寺井尚之と出会う。ドラムクリニックの通訳等も務め、毎年秋のKMC (Kansai Music Conference)実行委員でもある。


CD紹介のページへ

Tributeのページへ
TOPへ

フラナガンの全ディスコグラフィーを寺井尚之が検証する本「トミー・フラナガンの足跡を辿る