Jazz Lecture

OverSeasカルチャーイベント

寺井尚之のジャズ講座

「トミー・フラナガンの足跡を辿る」
第46学期

2011年7-9月
7月9日<その93>
 10人のピアニストが名演を繰り広げる"100 Gold Fingers"、第3回目となる'93年のコンサートは、ハンク・ジョーンズや先ごろ亡くなったレイ・ブライアント、モンティ・アレキサンダーなど花形が顔を揃えた。フラナガン圧巻のソロ、“Someone to Watch Over Me”と、ぶっつけの“Tin Tin Deo”を、寺井尚之が語るバックステージ秘話を。
 旧ユーゴスラビア、ボスニア出身のトランペット奏者、ダスコ・ゴイコビッチの「Soul Connection」はジミー・ヒースなど芸達者が脇を固める好アルバム。
 

 
8月13日<その94>
 
 ピーター・ワシントン(b)&ルイス・ナッシュ(ds)とのトリオで、エラ・フィッツジェラルドに捧げた「Lady Be Good for Ella」は、病床のエラが傍らに置いていた。プログラムに込めたフラナガンの真意を読み解いていく。
 そのほか、プリミティブで圧倒的な個性を放つソニー・ロリンズ(ts)とのリユニオン、「Old Flames」を。
 

9月10日<その92>

 南フランスでのライブ盤、「Live in Marciac '93」はハンク・ジョーンズ、トミー・フラナガン、二人の巨匠の、ソロ、デュオ、トリオが堪能できる。アイドリース・ムハマッド(ds)の好演にも注目!

 併せてデトロイト出身トランペッターマーカス・ベルグレイブをフラナガン3がバックアップする。「 Marcus Belgrave with Detroit’s Jazz Piano Legacy vol. 1 」で、“Zec”などデトロイト・ハードバップの仕上がりをチェック。


講座は「ジャズ講座の本」でも楽しめます!

過去の講座内容
第1学期
第2学期
第3学期
第4学期
第5学期
第6学期
第7学期
第8学期
第9学期
第10学期
第11学期
第12学期
第13学期
特別学期
第14学期
第18学期 第19学期 第20学期 第21学期 第22学期 第23学期
第24学期 第25学期 第26学期 第27学期 第28学期 第29学期
第30学期 第31学期 第32学期 第33学期 第34学期 第35学期 
第36学期 第37学期 第38学期 第39学期 第40学期 第41学期
第42学期 第43学期 第44学期 第45学期


ジャズ講座は事前に予約してください。
お申し込み・お問合わせ先
〒541-0052
大阪市中央区安土町1−7−20 新トヤマビル1F
TEL&FAX:06-6262-3940

E-mail:
info@jazzclub-overseas.com

「寺井尚之のジャズ講座」の本
Vol.1〜 Vol 7
ジャズ講座に来たくても来れなかった皆さん!
一人でレコードを聴くときに寺井尚之の解説を読みながら楽しく聴きたい皆さんにも朗報です!

TOPへ